calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

訪問者

ブログパーツUL5

advertisement

advertisement-2

未来産業として残るもの

0
     ご無沙汰してます。約1年ぶり。

    ツイッターをはじめてみたら、再びブログも書きたくなってきました。

    ツイッターっていうのは、どこがおもしろいんだろと思って始めてみたけど、
    みんなの頭のなかの考えてることがわかるって面白い。

    ブログではけっこうかしこまって書かないといけないし、面倒だけど、
    つぶやき程度なら本音とか素で考えてることがでてしまう。

    いろんな人の発見や考えのなかに、新時代の息吹や流行もあるかもしれませんね。

    今日読んだドラッカー霊言の「国家と経営」のなかに、

    「仕事速度が速いものは、今後、未来産業として残るが、仕事速度の遅いもの、あるいは

    遅くなっていくものは、未来には消えていく産業である」と書かれていました。

    これから考えたら、お役所など国の運営機関をよみがえらせるためには、

    保身などを考えず、仕事速度を上げることだ、ということですね。

    Twitterなんて、ほとんど霊速ですね!

    評価:
    大川隆法
    幸福の科学出版
    ¥ 1,470
    (2010-06-11)
    コメント:新時代に生き残る考え方がわかります。


    初音ミクに見る日本

    0
      お久しぶりです。

      近頃、よく聞くようになった初音ミク。

      昔、自宅録音で曲作りをしていた自分も、
      このマニアな世界には今まであまり踏み込んでは来なかった。

      そんなとき、YOUTUBEでこんな映像を見つけ、衝撃を受けた!!

      ボーカロイドって、ここまで進化してたのか!

      曲の作り手にとっては、いろいろ曲を作っても
      自分が歌が上手くないために、最後まで自分のイメージで
      表現できないのが悩みの種だったのだが。。

      これがあれば一定のクオリティでは楽曲が自分一人でできますね。

      ただし、打ち込み系のみでジャンルは限定されるとは思いますが。

      日本が生み出し、世界へ広がるカルチャーの一端を垣間見た気がした。

      この協業体制でコンテンツが生み出されるシステムも、
      進化している。
      (ニコニコ動画では何千もオリジナルコンテンツが生み出されているとか)

      みんなが楽しんで気軽にコンテンツを生み出す時代に入ったのだなあ。

      一方で、経済大国といわれつつ、精神的に誇れるものが少ないといわれる日本。
      エコノミックアニマルとか言われた時代もあったが、
      今後は日本から文化を輸出する時代が必ずやってくる。

      今、技術大国から、文化大国へと変貌を遂げていく過渡期ではないだろうか。


      あとは、根底に流れるストーリーや思想に深みが出てくれば、
      世界に誇れるコンテンツ文化が花開いていくと思う。

      日本のクリエーターの今後に期待!


      世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る


      生まれ変わりと中東戦争

      0
         
        今日は生まれ変わり、転生輪廻について書こうと思う。

        私は転生輪廻を信じているし、
        人間は魂修行のためにあの世からこの世に生まれ変わってくる、
        という説が正しいと思っている。

        なぜか?
        人間っていうのは唯物論のいうような物質でもないし、
        西洋医学で解明されていない部分がたくさんあると思うからだ。

        そして、哲学や宗教では人間には魂があるということが
        古今東西昔から言われてきたし、オカルトの世界では
        霊魂はいわば常識である。

        この世で言われている常識というものは、
        水槽の中に入った世界を図るために人間が定めた
        ルールのようなものだ。

        水槽の外の世界に関しては、また宇宙や多次元世界のような
        科学の進歩が追い付いていない分野に関しては、
        非常識”で片付けられてしまうのだ。

        だからこそ、言いたい。

        未来は非常識の中にこそ、
        種を探すべきだ
        、と。

        21世紀は、宗教文明の激突の時代とも言われている。

        アメリカ、ユダヤを主力とするキリスト文明と、
        イスラム文明の戦い。

        イスラエルでは、今日も戦争が行われている。

        ユダヤ教を奉じてアラブ人の住処に国を建てたイスラエル。
        そして、十字軍遠征の時代からキリスト教国の軍の侵略に
        幾多の犠牲を払ってきたアラブ諸国。

        それは、過去2千年以上の人類のカルマの集積でもあるのだ。

        もし、イスラム教国に過去世生まれ、今世アメリカに生まれた人が、
        その転生の事実を知ったなら、
        イスラム教を奉じる国は悪魔の国だなどとは決して思わないだろう。

        逆に、過去キリスト教国に生まれた人が
        今世アラブ諸国に生まれている人もいるはずである。

        その人たちを、憎しみから解放する思想は、
        憎しみではなく、政治的交渉でもなく、
        愛、そして転生輪廻、正しい霊界思想なのだ。

        私は、この正しい霊界思想の普及こそ、急務であり、
        戦争を防ぐ平和的方法だと、みなさんに訴えていきたい。

        評価:
        大川 隆法
        幸福の科学出版
        ---
        (2009-01)
        コメント:今後の世界の動き、政治・経済の未来が見えます!

        心霊ドラマにみるアメリカと日本の違い!

        0

          ---
          パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
          コメント:シーズン3に期待!
           最近はまっているのが、海外ドラマの『ミディアム』。


          実在する霊能捜査官の女性、アリソン・デュボアが主人公で、
          夢や死者の霊からメッセージを受け取って事件を解決するというもの。

          このドラマのモデルになった女性は、”実在する”ということなので、
          そのへんが興味があって見始めた。

          まあ、どのぐらいが真実でどのぐらいが着色か(大部分着色と思うが)
          でも、こんなに夢でメッセージがあるとすごい。

          死者の霊や夢で、どんな風にメッセージを送ってくるのか。

          見始めると結構面白くて、いまシーズン1を終えてシーズン2に突入した。


          しかし、最近のアメリカのドラマは、ミディアムといい、
          ドレスデン・ファイルといい、スーパーナチュラルといい、
          心霊もの(ファンタジー含む)がかなり多いよね。

          最近すごく人気だったHEROだって、第6感のようなもんだ。

          こういう霊魂や、非科学的な能力(霊能力、魔法など)は、
          やっぱりアメリカや西洋のほうが一般的に受け入れられているんだなーと
          ドラマの流行り具合をみて改めて感じた。

          日本だと、どうしてもゲゲゲの鬼太郎とか、宮崎駿系アニメでも
          妖怪世界、アミニズム的などろどろした世界ばかり。

          日本でも、もう一段明るい霊界観を受け入れて、
          真実味のある心霊ドラマ、作ってほしいなーと思った。

          まずこれは、優秀な脚本家が必要なんだろうね。

          がんばれ、日本ドラマ!

          レッドクリフ予告編

          0
            公開初日にレッドクリフを観た!

            感動した勢いあまって、
            レッドクリフ予告編メーカーなるもので
            オリジナル予告編を作ってみました!

            テーマは、「信じる心」。
            それにしても映画の宣伝で
            こんなの作れるなんて
            面白い!

            ちゃんと表示されてるかな?

            新製品アイデア

            0
              今日は雪。

              帰り道では、雪から雨に変わり、足元も雪がシャーベット状になって滑りやすい。
              こんな日に風邪をひいてしまっているので、頭がボーッとして同じ空間にいながらいつもと違う感覚だ。


              今日の未来の種は、
              新製品アイデア!

              その名も、
              《プロジェクター携帯》。

              自分の家で寝る前に携帯でQlickTVを見ている時に思いついた。

              今、携帯のデータ通信の帯域はどんどん太くなってるので、
              携帯でユーチューブを検索、ダウンロード、さらにプロジェクター機能をつけていつでもどこでも壁にPC画質ぐらいで投影できる。


              これで携帯感覚でいつでもどこでも動画ダウンロード、おまけに大画面で見れる。


              携帯しか持たない若者向けに、暗い部屋で映写機のように自分の携帯から白い壁に映像ビームが。

              ポテチでも食べながら、未来の携帯動画を堪能する。

              …いけるとおもうけどなぁ。

              小型化、軽量化、携帯ネットワーク利用がカギ。

              どなたか製品化しませんか?(笑)

              未来の種は現在只今の中にある

              0
                みなさんはじめまして。

                このブログは、
                『未来の種は現在ただいまの中にある』をモットーに、
                arionがライフワークとしている新文化探求と日々感じたことなどを発信していくブログです。

                日々のインスピレーションを書き留め、思慧を深めて未来の風を感じていくこと。

                超個人的シーズからニーズまで、手触り感覚で探っていきます。


                みなさんも未来の種を探してみませんか?

                << | 2/2PAGES |