calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

訪問者

ブログパーツUL5

advertisement

advertisement-2

芸術家の仕事について2

0
    今日は、芸術家の仕事について、さらに探究していきます。
    ゴッホの霊言では、次のように説かれています。

    「 だから、この世界にはすべてがあるんですよ。絵もある。音楽のような調和もあるのです。それを発見する人が、いるかいないかです、結局はね。美を見てもそれが表現できない人にとっては、写真を撮るのが精一杯であるかもしれない。単に美しかったというだけで、とまるかもしれない。それをあえて、客観的に多くの人にわかるような、そういう普遍的な形にして残すのが、私たち芸術家の仕事であるわけです。美の瞬間を捉える。美の空間を封じ込める。ま、こういう仕事だね。結局は、そういうものです。」(『ピカソ霊示集』ゴッホの霊言より)

    この世界にはすべてがあり、調和も美もある。
    それを発見する人が、いるかどうか。
    それをあえて客観的に多くの人にわかるような普遍的な形として残すのが、
    芸術家の仕事である、ということです。
    また、芸術家の仕事とは、
    美の瞬間を捉える、美の空間を封じ込める、という仕事でもあると説かれています。
    まさに、芸術家は「美」の探究者として、あらゆるものに「美」を見出し、
    それを多くの人々に分かるように表現できる人とも言えるでしょう。
    写真などであれば、美しいと感じる瞬間を捉える、というのは
    わかりやすいかもしれません。
    また、映像であっても美しい瞬間を、空間を捉える、
    それを多くの人々が分かるように映像化する、ということは
    わかるでしょう。
    しかし、どんな瞬間が美しい瞬間なのか、
    どんな空間、どんな情景が美しいと感じられるのか、
    についてはやはり「美」を発見する能力が必要だと感じます。
    ピカソの霊言ではこのように説かれています。
    「霊能者は、天上界にあるアイデアを、インスピレーションとして受けることができます。もちろん、インスピレーションは、頭、あるいはハートで直接にキャッチするものですけれども、それ以外に、目によってキャッチすることもできるのです。あなたがたが見ているものと私たちが見ているものとは、同じものかどうかはわからない。むしろ、私たち芸術家の目は、「美」という一つの概念のもとにおける霊眼、霊的な眼なのです。あなた方が何気なく見すごしてしまうもののなかに、躍動する美を見ることができるのです。」(『ピカソ霊示集』ピカソの霊言より)
    芸術家は、ある意味霊能者でもあり、「美」という概念のもとにおける霊的な眼で、
    普通の人が見過ごすようなもののなかに、躍動する美を見ることができる
    ということです。
    これは、「美」という視点から、目に見える美だけではなく、
    霊的な美を発見する能力が優れているということではないでしょうか。
    優れた芸術家は、目に見える美ではなくその奥に込められた霊的な美を
    発見して、それを描こうとするのかもしれません。
    では、霊的な美とは何でしょうか。
    愛は風の如く第4巻では次のような一節があります。
    「アフロディーテ、私は知ったよ。ほんとうの美というものは、外面のものではないのだ。たとえば、この海が美しく見え、この竪琴が美しく見え、あなたの姿が美しく見えるけれども、それは、外面から来ているものではないのだ。そのなかに魂の輝きがあってこそ、美は本領を発揮するのだ。私は、その事実をはっきりとつかんだのだ。」
    結局、この世界のあらゆるものには神の息吹が宿り、
    生き物にも植物にも魂が宿っている、
    ということを信ずるならば、
    外面的な美を醸し出しているもの、
    内面の魂の輝き、霊的な輝きを見出して、
    それを表現することが、
    芸術家の仕事ではないか、
    と感じます。
    言い換えるならば、
    いかに神の創られた世界の霊的な美を表現するか、
    ということでもあるのでしょう。
    これには無限の深さ、無限のフロンティアが拓かれていると感じます。
    神の創られた世界の霊的な美を発見しよう、
    その神の光の輝きを表現しよう、
    とすることで、
    新時代の真理芸術が生まれてくると感じます。
    よろしければ、クリックをお願いします!
     
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

    美と善悪について

    0

      今日は美と善悪について探究してみたいと思います。

      大川隆法総裁先生は、御法話「逆境経営法」のなかで、
      次の時代のコンセプトは、「美」の探究である
      と説かれました。
      「真」「善」「美」のうち、
      「真」「善」は宗教家等によって探究されてきましたが、
      「美」の探究が次の時代の経営の生き筋になるだろうということでした。
      では、一体、「美」とは何でしょうか。
      いろんな角度から探究する必要があると思いますが、
      今日は「美」と「善」の関係について
      参考書籍をもとに学んでみたいと思います。
      「美」と「善」について、
      ゴッホの霊言 によれば、次のように説かれています。
      「芸術家というのは、結局、美ということを通して善悪を超えねばならんと私は思うんですよ。善い生き方、悪い生き方、善人、悪人、いろいろな考え方はあると思うのだけれども、芸術家というものは、そうした道徳論は超えないといかんね。何を通して超えるかといえば、美を通して超えるんですよ。美というものを通して、この善悪を超えていけるのです。この善悪の陰陽はね、美という観点から止揚され、統合されていくんですよ。(中略)
      善悪を超えるものは美です。これは、どういうことかというと、「神は、なぜ善と悪を創られたか」というふうに考える人も数多くいると思うけれども、結局、「神には、美の観点から善悪を創っておられる面がある。美の観点から、光と闇を創っておられるところがある」ということなのです。それは、「味わいの深いものを創るためにやっている」ということだ。」(大川隆法著「ピカソ霊示集」ゴッホの霊言より)
      芸術家の視点でみれば、善悪というものは、美というものを通して超えられるということ。
      神には、美の観点から善悪を作っておられる面がある、ということです。
      なぜでしょうか。
      それは、味わい深い魂の教訓を得るため、
      味わい深い魂の輝きを得るため、
      ではないでしょうか。
      光と闇、善と悪、この陰陽があることによって、
      この世の人生の魂修行のなかで、
      歓びも悲しみも苦しみも生まれてきます。
      喜びだけの世界であれば、苦楽の楽だけの世界であれば、
      魂の足腰は鍛えられず、感動のドラマも生まれません。
      歓びも悲しみも苦しみもあり、
      光も闇もあるこの世という仮の世界で
      魂修行をすることによって、
      感動が生まれ、
      アコヤ貝の真珠のような
      美しい魂の輝きが生まれる、
      ということかもしれません。
      そうであるならば、
      霊的な魂の輝きを増す生き方をすることが
      大事なことではないでしょうか。
      また、霊性の美しさを表現することが、
      善悪を超える道でもあるのではないでしょうか。
      また、「愛から祈りへ」のなかに次のように説かれています。
      「知ることは愛することであり、美しいことは同時に愛でもある。愛のなかには、すべてのよきものが含まれる。それがギリシャ的なる愛の精神だった。」
      「この大宇宙は、人々の生活空間であるこの世界は、ほんとうは、善一元とも善悪二元とも、光一元とも光闇二元とも言えないのです。そこにあるのは愛一元の世界、愛しかない世界なのです。」
      ギリシャ的愛の精神とは、愛のなかに美と知を含む、というものでした。
      ヘルメス神の教えによれば、
      この世界は善悪二元とも善一元ともいえず、愛一元の世界なのだ
      ということなのです。
      ここに、芸術家における善悪は美によって超えられる、という思想と
      共通点を感じます。
      愛のなかに美と知は含まれ、美の観点から善悪を超えるなら、
      芸術家における美の探究とは、
      「愛」の探究でもあると言えるでしょう。
      神の愛、すなわち仏の慈悲こそ、善悪二元の世界を統合するものであり、
      神はあらゆる人生のドラマのなかで、魂を美しく輝かせることを望まれている
      のではないかと感じます。
      よろしければ、クリックをお願いします!
       
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

      芸術の感動の源にあるものとは

      0
         お久しぶりです。
        最近ばたばたと忙しく、ご無沙汰していました。

        やっと落ち着いてきましたので、再開しようと思います。

        やはり、続けてこそ智慧も湧いてくるものですよね。

        さて、今日は「芸術の感動の源にあるものとは」について探究してみたいと思います。


        月刊誌「are you happy?」2013年10月号は芸術特集でした。

        その中の大川隆法総裁ご論考のなかで、次のように書かれています。


        「人に感動を与える芸術のもととなっているものは、意外にも、私は宗教だと思います。
        (中略)美しい言葉が永遠に遺っているところがあるので、宗教というのは、芸術に極めて近いところにあるものではないかと感じている次第です。」


        「芸術というのは宗教に極めて近いもので、実は、神の言葉を書き言葉以外で表現するものが芸術だというふうに、私は考えております。そういう意味で、宗教性が高まれば高まるほど、芸術性も高いものになっていくと思います。」


        古来より、神の言葉は語り継がれ、人々の魂を揺さぶり、感動を与え続けてきました。

        宗教は、神の言葉を伝えるものであり、仏陀やイエス・キリストやマホメットなど、
        何千年も遺っているものには、その言葉のなかに、人種を超えた世界中の人々の魂が救われ、感動してやまない何かがあるのです。


        それは、言葉のなかに、この世ならざる神の光、神の真理が込められているということではないでしょうか。

        大川総裁は、「芸術とは、神の言葉を書き言葉以外で表現するもの」と説かれました。


        そうであるならば、真なる芸術とは、神の光、神の真理を表現するものに他なりません。


        ピカソの霊言(ゴッホの霊示)のなかで、次のように書かれています。


        「やっぱり、何ていうか、芸術の究極にあるのは神ですよ、結局は神なんだ。

        だから、神を描くか、神の創ったものを描くか、神の理想を描くか、結局、最後は、ここだということです。ここを忘れてはいけないよ。

        これがなくて、この世だけに閉じこもっていては、芸術家は大きく育たないのです。「この世ならざるものを見抜いていく」ということが大事です。

        「芸術の究極には神がある」という考えは、決して忘れてはいかん。私はそう思います。」



        芸術の究極にあるものは神であり、この世の壁を突き抜け、「この世ならざるものを見抜いていく」ことが大事である、ということ。


        その意味で、新時代の芸術を探究するならば、この世ならざるものの探究が必要であり、大宇宙の神秘や、この世界を創られた神の探究が不可欠となってくると感じます。


        結局、作品の奥に込められたこの世ならざる霊的波動を伝えることが芸術でもあるし、
        最も素晴らしい理想の霊的波動を持つ者は、神であり、神の愛であろうと思います。



        話は変わりますが、渋谷の街を歩いていると、
        雑踏のなかにブランドのお店や最先端のデザインビルなどがあり、
        美を追求しつつそれぞれが主張して、
        全体として街の雰囲気を作っているところがあります。

        たとえば霊的価値観が広がっている未来の渋谷は、
        ブランドやデザインビル、いたるところのデザインに霊的価値観や美が込められ、
        「神の光が降りるカフェ」とか「魂の成長によい服」とかが流行り、
        街のなかのデザインも神の美を表現したものが増えている、
        と想像するとどうでしょうか。


        神の言葉を言葉以外で表現するものが芸術であるならば、


        神の言葉の理念が込められたデザインやブランド、物が溢れた
        未来の街は、美しい街であることでしょう。


        神の世界を表現する芸術家が数多く出てくることを望みます。



        よろしければ、クリックをお願いします!
         
        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村









        新時代の芸術家の仕事について

        0
          今日は、新時代の芸術家の仕事について探究してみたいと思います。

           『「一目見て心打つ」というのは大事なことなんですよ。

          じっくり見れば立派に見えてくるというのもあるけれども、「一目見て心を打つ」という絵は、やはり、魂の奥底から出てくるものだ。
          この大胆さは美の確信だな。美への確信、揺るぎない自信がなければ、大胆なこの画想といいますか、そうしたものが湧かんのですよ。
          その美への確信がない人が絵を描くと、てきとうなところでごまかす。妥協する。人々にそこそこよく言われそうな、よく売れそうな絵をかく。
          しかし、美への絶対的確信がある人は大胆です。』(大川隆法著「ピカソ霊示集」ゴッホの霊示より)
          ゴッホの霊示によれば、
          「一目見て心を打つ」という絵が、そのほかの絵と何が違うかというと、
          「美への確信」があるかどうか
          ということだと説かれています。
          魂の奥底から出てくる大胆さ、美への確信、揺るぎない自信によって
          大胆な着想が得られ、「一目見て心を打つ」絵が出来るのです。
          美への確信がない人は、
          世間で美しいと言われるような、よく売れそうな絵を書こうとして妥協する。
          しかし、「美の確信」が心のうちにある人は、
          妥協せず、大胆な着想で絵を書くからこそ、
          魂の奥底から出る霊的波動が込められた心を打つ絵が書けるのではないでしょうか。
          また、画家の仕事の本当の価値について次のように説かれています。
          『画家というものは、この世のなかに、この世ならざるものを見出すのです。そこに、ほんとうの価値があるのです。』(大川隆法著「ピカソ霊示集」ゴッホの霊示より)
          画家というものは、「この世のなかに、この世ならざるものを見出す」ことに
          ほんとうの価値があるということ。
          つまり、画家の仕事は、
          「この世のなかにある霊的な美を見出し、描き出すこと」に
          本当の価値があるということなのです。
          『だから、この世界にはすべてがあるんですよ。絵もある。音楽のような調和もあるのです。それを発見する人が、いるかいないかです、結局はね。
          美を見てもそれが表現できない人にとっては、写真を撮るのが精一杯であるかもしれない。単に美しかったというだけで、とまるかもしれない。
          それをあえて、客観的に多くの人にわかるような、そういう普遍的な形にして残すのが、私たち芸術家の仕事であるわけです。
          美の瞬間を捉える。美の空間を封じ込める。ま、こういう仕事だね。
          結局は、そういうものです。』(大川隆法著「ピカソ霊示集」ゴッホの霊示より)
          ゴッホの霊示によれば、
          「美を多くの人に分かるような、普遍的な形として残す」
          「美の瞬間を捉える。美の空間を封じ込める」
          ことが芸術家の仕事であると説かれています。
          美しいと感じることは、人間の感じ方によって様々にありますが、
          人間は生まれた時から美醜を感じ取ることができると言われています。
          美しいと教えられてそう感じるのではなく、魂のなかに
          美しさを感じる部分があるからこそ、
          人間は生まれながらに美醜を感じ、
          それが世界中の人びとにある程度共通しているのではないでしょうか。
          そうであるならば、
          人間が感じる「美」の本質を探究し、その奥にある霊的な美を見出して
          描き出すことが、芸術家の仕事でもあると感じます。
          そこには、「美しさ」のなかに込められた霊的な光や波動を感じ取る
          感性を磨くことが必要であり、美を探究すればするほど
          霊的世界を探究せざるを得ないのではないでしょうか。
          だからこそ、偉大な芸術家はみな霊能者である、と言われるのでしょう。
          「美への確信」を持つためには、霊的価値観に基づいた美の探究が必要です。
          新時代の芸術家の仕事として大事なことは、
          ・ 霊的価値観に基づいた美の探究を続け、「美への確信」を持つ
          「この世のなかにある霊的な美を見出し、描き出す」
          ・「美の瞬間を捉え、美を多くの人に分かるような、普遍的な形として残す」
          ということではないでしょうか。
          新時代を担う多くの芸術家の方々が、
          霊的価値観に基づいた美の探究を深め、
          「美への確信」を強められることを望みます。
          よろしければ、クリックをお願いします!
           
          にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

          新時代に求められる芸術の方向性について

          0
            今日は、新時代に求められる芸術の方向性について探究してみたいと思います。

            ピカソ霊示集によれば、
            「新時代は総合的な霊文化の時代になる」
            と説かれています。

            また、その一端を担うものとしての芸術、絵画や詩や文学などが重要であり、

            その方向性は
            「人間の心にプラスする、この方向性がなければ、もはや
            芸術としての存在基盤がありえない」時代となる

            言い換えればなんらかの悟りのよすががなければ芸術として成り立たない時代となる
            ということです。

            その前提を踏まえ、新時代にどのような芸術が求められるのか、
            具体的にこう説かれています。


            『 新しい時代の到来を告げる絵画の続出が予想されるわけです。
            新世界、あるいは、新たな真理の像についての絵画、
            こうしたものが要請されるのではないのか。
            このように私は思います。
            これからは、もっと、「新しい局面を絵にかいていく」という作業が必要であろうと思います。
            そして、この地上を去った世界では、四次元世界、五次元世界、六次元世界、さまざまな世界が展開しておりますが、できるならば、こうした世界の様相をも絵画にしていく画家が欲しい。
            こうした霊の世界を、人々に視覚によって訴えかける画家が欲しい。
            天才的な画家であって、こうした霊的世界を人々に教える画家が欲しい。』(大川隆法著「ピカソ霊示集」より)


            まず、新時代に求められる絵画の方向性は、
            ・新たな真理の像についての絵画
            ・霊的世界の様相についての絵画

            であるということです。

            それは、この世的な写実主義的絵画ではなく、
            仏法真理の価値観に基づいた霊的世界観を
            視覚に訴えかけえる絵画です。

            真実の世界観を、文章として訴えるのではなく、
            「真・善・美」でいうところの美の観点から、
            ビジュアル、視覚に訴えかけて
            一瞬にして霊的世界を垣間見させ、
            悟りのきっかけを与えるような絵が欲しい、
            ということではないでしょうか。

            そのためには、芸術家がまず仏法真理を深く学ぶ必要があります。

            そして真理を学んだ上で、天上界にあるイデア、霊的世界の情景を
            キャッチする能力を磨くことが大事です。

            まず、霊的世界があると確信しなければ、天上界にある理念や世界観を
            感じられるようにはなりません。

            波長同通の法則というものがあります。

            心の針を、天上界に合わせ、その理念や世界観、霊的波動をキャッチして
            作品に込めることが、必要となるのではないでしょうか。

            そのためには、やはり宗教家と同じような宗教修行が必要となり、
            新時代の芸術家にはある意味で”悟り”が大事な要素になると感じます。



            また、このようにも説かれています。


            『絵は、一瞬にして、その思想がわかる。
            こうした、新たな真理芸術の気運が高まってこなければいけない。
            そのためには、まず、霊界の様相についての絵がほしい
            あるいは、天使の活躍についての絵が欲しい。
            また、地上にある人びと、生きざま、あるいは風景における天国的なる情景の絵が欲しい。
            また、間違った思想や間違った行動、間違った考え方に対する批判の絵が欲しい。
            それらを風刺するものも欲しい。
            こういうふうに、芸術というものを通して、時代を良き方向にリードするための力として欲しい。』(大川隆法著「ピカソ霊示集」より)


            絵画には、”一瞬にして作品に込められている思想が伝わってくる”
            特徴があるということです。

            そしてまた新時代の真理芸術において求められる絵画として
            さらに具体的に述べられています。

            ・天使の活躍についての絵
            ・地上にある人びとの生きざま、あるいは風景における天国的なる情景の絵
            ・間違った思想や行動、考え方に対する批判の絵、それらを風刺する絵

            そしてその絵画の目的とは、結局

            「芸術というものを通して、時代を良き方向にリードする力とする」

            ということなのです。

            感性から「霊性革命」を推し進める芸術家が数多く誕生することを祈ります。


            よろしければ、クリックをお願いします!
             
            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村







            新時代の芸術の価値基準について

            0
              今日は、新時代の芸術の価値基準について、探究してみたいと思います。


              『 これからは、もう、単なる写実の時代でもなく、単なる色彩の時代でもない。

              単なるハーモニーの時代でもないであろう。これが間違いのないことであろうと私は思います。

              新時代というものは、もう、「人間の心にプラスする方向性がなければ、もはや芸術としての存立基盤があり得ない」という時代でもありましょう。おそらく、そういうふうになります。

              絵画そのもののなかに、やはり、何らかの真理のよすが、悟りのよすががなければ、絵画として、意味のない、値打ちのないものとされる時代となってくるでありましょう。

              絵画というものは、本来、人に、神の世界を教え、生き方を教え、美とは何かを教える、そうした教育的なる役割を数多く持っているものです。

              こういう意味において、時代のリード役としての画家が活躍する時代が近づいているように思います。』(大川隆法著『ピカソ霊示集』より抜粋)


              ここで説かれている新時代の芸術とはなんでしょうか。

              「その芸術作品が、人間の心にプラスの影響を与えるか否か、が価値基準となる。」

              と説かれています。

              それは、すなわちその作品の霊的波動、霊的バイブレーションがどのような影響を

              もたらすのか、ということが作品の価値を決める、ということです。

              現代の芸術といわれるものの中には、奇抜なものやグロテスクなもの、

              衝撃的なインパクトを狙ったものなどいろいろなものがあります。

              しかし、人間の心にどのような影響をもたらすか、という観点では

              評価されているようには思えません。

              現在、芸術や美と言われているもののなかには、

              欲望をそそるもの、狂気をおびたもの、破壊的でマイナスな感情が含まれているもの、

              が高い評価を得ていたり、人々の関心を呼ぶという理由で有名になっているものも

              あります。

              商業的価値から言えば、

              人々が受け入れやすい、関心を呼ぶ作品であるかもしれません。

              ただ、人間の欲望や、悪しき狂気や破壊衝動を増幅させるような作品、

              そういう感情が呼び起こされるような作品には、

              新時代の美の価値基準から言えば、マイナスの評価が下される、

              ということです。

              新時代の芸術、美の価値基準の一つとは、

              「人間の心にプラスの影響を与えるもの」である

              ということであり、

              作品に込められた作者の念い、霊的波動が

              どのようなものであるかが作品の価値を決める時代となる

              ということなのです。


              新時代の価値観に基づいた芸術、作品が、

              数多く生み出されることを祈ります。






              インスピレーションを受ける器について2

              0
                 今日は、インスピレーションを受ける器について引き続き考えてみたいと思います。

                『「ひらめきは、ただ待っているだけで、やってくるものではない」ということは

                知っておいたほうが良いと思います。

                やはり、たゆまぬ努力・精進を続けているなかに生まれてくるものなのです。』

                (大川隆法著『創造の法』より抜粋)



                インスピレーションを受け取るためには、どのような努力が必要なのでしょうか?

                やはり、ただ精神統一して待っているだけで質の高いひらめきが受け取れるのであれば、

                毎日ずっと禅定していればよいということになってしまいますが、

                それだけをしていて成功している人はまずいません。


                『創造の法』には、インスピレーションは受け取る人の器と連動する、と説かれています。

                まず、インスピレーションを受け取るための器作り、
                教養を身につける努力が必要なのです。


                まず、自分の関心領域を広げ、うまずたゆまず知識を広げ、勉学に励み、

                ずっと考え続けていることが必要です。

                その際にも、自分のための探究ではなく、多くの人々への愛のために、

                多くの人が幸せになるように、元気になるように、便利になるように、

                貢献したいという利他の思いがあることが、大事であると思います。


                そういう人が成功すれば、多くの人々を幸福にできるからです。

                自分中心の念いしか持っていない人には、正統なインスピレーションは

                降りてきません。

                その意味で、インスピレーションがどこから来ているかの点検も大切です。

                一つは、高級霊、二つ目は、守護霊、三つ目は裏霊界、四つ目は悪霊、

                とインスピレーション元もいろいろあるからです。


                そのため、心を常に点検し、高級霊や守護霊からの指導を受けられるように

                心がけなくてはなりません。


                『創造の法』には、正しくインスピレーションを受けるための三条件として、
                次の3つが挙げられています。

                1.勤勉な努力家であること

                2.専門外の分野にも踏み込むこと

                3.「情報遮断」と「情報収集」を使い分けること


                また、究極のインスピレーション獲得法として、次のように説かれています。

                穏やかな波動を自覚的に作れるようになると、天上界からのインスピレーションを

                非常に受けやすい状態になるのです。

                脳波でいうと、いわゆる「ベータ波」ではなく「アルファ波」の状態にすることです。

                (大川隆法著『創造の法』より抜粋)




                常に心を平静に保ち、勤勉に努力精進し、愛の念いを持って関心領域を広げ、

                情報遮断と情報収集をうまく使い分けていくことが、

                正しいインスピレーションを受ける器づくりのコツであるということです。


                器作りに励み、新しい価値を創造していきましょう。


                インスピレーションを受ける器について

                0
                  今日は、インスピレーションを受ける器について考えてみたいと思います。


                  『 すべて、そうなのです。詩だってそうです。詩を書く人はたくさんいます。

                  この詩も、結局は霊界にあるものなのです。

                  それを、詩人という通路を通じて、この世に送り出しているのです。

                  ただ、その通路、パイプの出来具合によって、

                  ほんとうにいい着想の詩が駄作に終わってしまうこともあります。

                  その出方はいろいろです。けれども、やはり、天上界にあるのです。』

                  (大川隆法著「ピカソ霊示集」より抜粋)


                  この世的に見れば、私たち人間は自分のアイデアや着想で

                  作品を作っているようにも思えますが、およそ偉大な芸術家や

                  小説家の発想をみれば、この世離れした発想、ストーリーや

                  ビジョンなど、ある種の”ひらめき”が必ず関わっています


                  それは霊的価値観から見れば、あの世と呼ばれる天上界、霊界から

                  もたらされた理念であり、着想であり、贈り物でもあります。

                  それは”インスピレーション”や”ひらめき”として、

                  あるとき突然心のなかに湧いてくるものであり、

                  ビジョンや着想、アイデアです。


                  そういう”ひらめき”や”インスピレーション”がなくても

                  創作技術によって作品を創ることもあると思いますが、

                  やはり”霊的波動”を宿し、多くの人々に感動を与える作品は、

                  必ずと言っていいほど”インスピレーション”が降りているはずです。


                  ピカソの霊言では、詩人なら詩人で、

                  詩の題材は天上界にすでにあり、この世の詩人というパイプを通して

                  この世に作品を送り出している、と説かれています。


                  その際、詩人のパイプの出来具合によって、

                  天上界で本当にいい着想の詩だったものが

                  この世に下ろすと駄作となってしまうということは

                  いくらでもあるということなのです。


                  そうであるならば、芸術家、クリエイターが心がけることは、

                  ”天上界のインスピレーションを受けられる器”づくり

                  であると思います。

                  心のパイプを詰まらせず、透明感のあるパイプとなり、

                  天上界にいる霊人のインスピレーションを下ろすためには、

                  その心の調律の方法があるはずです。


                  長くなったので今日はこのへんで。続きはまた次回。



                  作品に込められた霊的波動について

                  0
                    今日は、作品に込められた霊的波動について考えてみたいと思います。

                    作品に込められた霊的波動について】


                    『人間の目には同じように見え、たとえば同じ形の机をつくっているように見えても、

                    それをつくった人の人生観なり哲学なりの霊的波動は、

                    一つ一つの机のなかにこもっていて、神の目から見ると違うのです。

                    これは、芸術家の創った彫刻などでも同じなのです。

                    あるいは、芸術家のデザインした建物などでも同じです。

                    「何かはわからない霊的なものが、そこにある」ということです。

                    そして、「高きから低きに流れる」という、その水準は確固としてあるのです。』

                    (大川隆法著『ピカソ霊示集』より抜粋)


                    人間の目には同じように見えても、そこに込められた霊的波動によって、

                    神の目から見ると違って見える、とはどういうことでしょうか?


                    人間は精神的な存在です。同じような形をした机一つをとってみても、

                    それをつくった家具職人がどういう念いを込めて創ったかによって、

                    神の目からみたら価値が違うということです。


                    そうであるならば、

                    その製品、作品に込められた霊的波動によって、使う人に影響を与え、

                    良き念いが込められたものは良き影響を与え、

                    欲念や悪しき念いが込められたものは

                    使う人に悪い影響を与えてしまうのではないでしょうか



                    現代の唯物論的価値観から見れば、一つの製品や物は目に見える性能や形で

                    価値が決まることが普通です。


                    しかし、霊的価値観から見たならば、

                    どのような念いが込められているか、どのような霊的波動を持っているか

                    ということが、その作品や製品の価値を決めるという考え方も

                    あるのではないでしょうか?


                    霊的価値観に基づく文化における作品の価値は、

                    ”どのような霊的波動を持っているか”

                    ということが一つの基準になるのではないか

                    と感じます。








                    霊的価値観と美

                    0
                       一月もあと2日で終わりですね。

                      このブログのタイトルは、”文化の創りかた”ですが、

                      いままでの記事を読むと、どうみても政治系の提言をするブログに見えますね(笑)


                      このブログ立ち上げ時の主旨は、現在ただいまのなかにある未来の種を探し、

                      ”霊的価値観”に基づいた文化とは何かを探究するというものです。


                      そこで改めて初志貫徹を志し、

                      ”霊性””文化”をキーワードにブログを書いていきたいと思います。


                      【霊的価値観と美】


                      『神は全知全能です。神は、万能であって、万物のすべてを支配されています。

                      そうである以上、神のお心のなかには、すべてのものがある。

                      すべての性質、一切合切が入っています。

                      その子供である以上、人間の心のなかにも、神の姿のすべてが入っているのです。

                      その心のなかに、美というものを感ずる魂の面があるのです。
                      魂の切り口があるのです。

                      その魂の切り口が、美を司る神霊たち、精霊たちの呼吸を感じとるのです。

                      これが、「美しい」と感じることの、ほんとうの意味なのです。』

                      (大川隆法著『ピカソ霊示集』から抜粋)


                      私たちが美しいと感じるとき、なぜ感じるのでしょうか?

                      理性的に考えて、感じているのではないはずです。

                      ”美しい”という感情は、心から湧き上がってくる自然な気持ちであり、

                      これが美しさの基準であるからと教えられて美しいと感じるのでは

                      ありません。

                      生まれながらに美しいと感じる心はあり、それは好みはあるにしても、

                      人類にとってある程度共通のものを美しいと感じます。


                      それは、唯物論的な考え方、人間機械論的な思想では

                      どうしても納得ができないものです。


                      美しいと感じる心は、人間の本能によるものだという考えは、

                      精神的な活動を否定する考えです。


                      人間の本質が肉体ではなく、魂であり、霊的存在である

                      ということを受け入れて初めて、

                      ”美しい”と感じることの意味が、分かるのではないか

                      と思います。


                      現代の芸術は、多種多様で本当に玉石混交だと感じますが、

                      霊的価値観を前提として、いま流行っている芸術や文化を

                      見たならば、本当に魂が”美しい”と感じているものと、

                      そうでないものに分かれてくると思います。


                      心のなかに、美を感じる魂の切り口があり、霊的な美の波動を

                      感じ取って”美しい”と感じているとするならば、

                      霊的価値観に基づく新しい文明における芸術は、

                      ”霊的な美の波動を有しているもの”が

                      より素晴らしい作品とされるのではないかと感じます。


                      霊的な美の波動を感じ取るためには、

                      霊的価値観への転換が必要です。


                      ”霊性革命”が、

                      新しい時代の文化を創っていく土台となる

                      と感じます。











                      << | 2/2PAGES |