calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

訪問者

ブログパーツUL5

advertisement

advertisement-2

新しい文化が生まれる必然性について

0
    今日は、新しい文化が生まれる必然性について、探究してみたいと思います。

    大川隆法総裁は、『フランクリー・スピーキング』のなかで、次のように説かれております。

    『ギリシャから興って西に回った文明がアメリカへ渡って、日本に来た。また、東洋の文明も、インドから始まって中国に渡り、韓国を通って日本に来た。この洋の東西の文明が、今、日本というところに流れ込んで来ているのです。この歴史の流れを見ますと、ここに、新しい大きな文明なり文化なりが生まれる歴史的な必然性があると私は思います。そして日本に生まれた文化、文明というものが、過去の文明が日本に流れ込んできたように、もともと歴史的に先輩であったところに逆流出する時代がこれから来る。これが、何千年単位で歴史を見たときに見える見取り図です。』(『フランクリー・スピーキング』第2章)

    日本という国は、歴史上でもまれに見る文化の融合を遂げた国であり、100年以上前に起こった明治維新も、黒船来航からわずか15年で日本の国を治めていた江戸幕府が崩壊しました。

    そして、江戸城無血開城、大政奉還という象徴的事件によって、奇跡的に国力を著しく損なわず、欧米列強の侵略の隙を与えずに明治政府が起こり、開国とともに西洋文化を吸収し、和魂洋才と言われる知識人を数多く輩出しました。

    江戸幕府の300年に渡る鎖国によって、東洋文化の中でも日本独自の文化を創りましたが、西洋文明の進歩からは取り残された状態であったにも関わらず、明治維新後の日本人の驚異的な努力によって、少なくとも欧米列強に植民地化されない独立国家として、日清・日露戦争に勝ち、文化レベルを押し上げました。

    ここに到る歴史において、この奇跡的な戦争の勝利も含めて、天上界の神々、日本神道の神々や世界規模で文明を計画されている神の意志が働いている、という視点で見てみると、見えてくるものがあると思います。

    もちろん、そうであるならば第2次世界大戦時、太平洋戦争で日本はなぜ負けたのかという意見もあるでしょう。

    それは、幸福の科学的視点で考えれば、
    欧米のアングロサクソン系の神々と、日本神道の神々の戦いでもあり、
    欧米列強の植民地支配からのアジアの国々の開放と、アジアの盟主を目指す戦争でもあったということでした。

    しかし、欧米、アメリカの技術力・国力と日本の国力の格差、そして思想において短期決戦型で補給を重視しなかった戦略上の欠点、人材登用における誤り等により、戦況は長引くほど悪くなり、2度の原爆で日本は負けてしまいました。

    ここにおいて戦後日本人の挫折感は、GHQによる暫定憲法による戦争放棄、天皇陛下を神として戦った神国日本、日本神道による精神性を否定し、自虐的で神々の加護を信じない国民が増える結果となりました。

    さらに輪をかけてマルクスの説いた共産主義が世界を席巻し、ソ連とアメリカの冷戦時には共産主義を理想とする人々が安保反対の学生運動を起こし、結果的に日米安保は守られましたがその時代に共産主義やマルクス経済学を学んだ人々が今の日本の中枢にはたくさんおります。

    現在の日本の状況は、戦後の敗戦ショックから引きずってきた自虐史観と唯物思想、そして自分の身が守られればそれでいいとする、唯物論と快楽主義が形を変えた平和主義が根付いているのです。

    2015年は、戦後70周年にあたります。

    戦後日本の総決算を行うべき年であり、
    中国や韓国等による、南京大虐殺、従軍慰安婦問題等の歴史捏造による誤解を払拭し、
    日本が再び誇りを取り戻し、日本は神々が指導している「神の国」であると言える人々を数多く創らなければなりません。

    そのためには、自分の国さえ良ければよいという価値観、
    自分の身の安全、幸福さえ保証されればよいという考え方であってはなりません。

    左翼思想と快楽主義が合体した平和主義という自己中心的な価値観を、
    霊的人生観や日本人として生まれた意味を伝え続けることによって、
    世界のリーダーとしての日本、そして日本という国を支える誇り高き日本人に変えていかなくてはなりません。


    フランクリー・スピーキングのなかで、次のように説かれています。

    『実在世界から見た場合にもまったく同じで、国が興隆するときには、そういう使命のある素晴らしい方がたを数多く地上に降ろしていって、ぐーっと高みをつくるのです。そして、そこでできた高みが、また後代に文化として残っていって、次の時代に受け継がれていく。こういうことをやっているのです。』(『フランクリー・スピーキング』第2章)

    日本は神々が指導する国であり、東洋の文化と西洋の文化が流れ込んだこの日本という国に、
    使命を持つ人々が力を合わせて新しい文化の高みを創ることで、
    その文化の高みが世界に広がり、次の時代に受け継がれていく。


    この世界観を持つことが、誇り高き日本人になることでもあると感じます。

    また、大川隆法総裁は、『智慧の法』のなかで次のように説かれております。

    『人間が成功するのは、その人の才能が一流であるからだけではありません。歴史上、成功した数多くの人々は、才能においては一流ではなかった人々です。才能において一流ではなかったけれども、忍耐を重ね、努力・精進を忘れなかった人々が、次々と困難を乗り越えて、人類史に偉大な一歩を築いてきたのです。』(『智慧の法』第1章)

    新しい文明・文化を創るのは、才能が一流の人だけではありません。
    新しい歴史を創り、新しい時代を切り拓くのは、
    才能では一流ではなくとも、忍耐を重ね、努力・精進を忘れず、志を持ちづつける人だと思います。

    数多くの人々と共に、新しい時代を切り拓くために
    努力精進を重ねていきたいと心から願っています。

    よろしければ、クリックをお願いします!
     
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村
    大川 隆法
    コメント:渡部昇一先生との対談、文化大国への道を言及されているところは必読です。


    智慧の集積が文化を創る

    0
      皆様、明けましておめでとうございます。
      そして、お久しぶりです。
      1年2ヶ月ぶりの投稿となってしまいました。
      読んでくださっていた方、長らく更新できず
      すみませんでした。

      2015年は『智慧』というものがテーマの年であり、
      この智慧とは、知識が経験を通して結晶化した気付き、悟りのことです。


      2015年、
      私が元旦に立てた目標は、
      ”知的生産をする!”です。

      現在は情報過多の時代であり、
      大量の書物、雑誌、新聞、ニュースなど
      あらゆる情報が飛び交っています。

      そしてスマホなど便利な機器のおかげで、
      気づいたら常に情報をチェックし、情報をとり続け、
      情報に反応して時間がすぎる
      毎日を過ごしていることもあります。

      『智慧の法』P.116の中で、
      「要するに、情報等を集めることは、習慣を作ることができれば誰にでも
      可能なことではあるのですが、それを「結晶化」していくことがとても難しいのです。」


      「知的生産においても、このように単なる”塩分”だけではなく、「いかにして、それを
      結晶として実らせていくか」ということが大事です。」


      と説かれております。

      情報を集めて知識とし、深い瞑想や経験を通して結晶化させること。
      そしてこの世に付加価値のある智慧を生み出す。


      これを一人ひとりが行うことで、智慧を集めていくこと。

      この智慧が、人類の歴史を作ってきたものであり、
      人類の文明・文化を創ってきたもの。

      過去の歴史の文明・文化の根本には常に宗教があり、
      その教えに基づいた人間の努力の集積が、歴史を創ってきました。

      今、地球規模の問題を解決すべく新しい教え、
      「仏法真理」が説かれ、その教えに基づいた
      人間の努力と汗の結晶である”智慧”の集積こそが、
      新しい文明・文化を創っていくのだと思います。

      「仏法真理」を深く学び、
      深い瞑想や経験を通して探究し、
      霊的世界にすでにあるイデア、無限の叡智を
      下ろしてくることが出来る人。
      そしてこの世に具現化し、生み出すことが出来る人。
      神秘性と合理性を融合して新しい価値を生み出せる人が、
      新しい時代の文明・文化を創っていく。


      そのような智慧あるリーダーが数多く出てくることを
      願ってやみません。


      よろしければ、クリックをお願いします!
       
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村


       

      日本の誇りと新時代の展望について

      0
        今日は、日本の誇りと新時代の展望について探究してみたいと思います。 

        「今、日本全体を見ると、長く積み重ねてきた文化として、どちらかといえば、無個性化、没個性化の流れがあり、個性をあまり出さないように努力した者が生きのびるカルチャー(文化)が強いようです。」(大川隆法著「未来の法」より抜粋)


        「未来の法」によれば、日本には「個性を隠せた人は賢い」という感覚があり、「個性を隠し、無個性化出来た人間、本心を悟られずに生きられた人間が偉くなっていく」という傾向があると説かれています。


        また日本は「大和の国」と言われ、天照大神の「調和」の思想、その思想を受け、聖徳太子の説いた「和をもって貴しとなす」という精神が根底に流れています

        もう一つ、この日本の国の中心指導霊として、天御中主神という方がおられ、この神様は「発展・繁栄」を強く訴えかける神で、日本には「発展・繁栄」の精神も同時に流れているのです。

        つまり、日本の精神文化は、「発展・繁栄」型と「調和」型の二人の主導神が中心となって牽引してきており、日本の文化はこの二つの精神が融合して出来上がっているのです。



        日本の国の国体は、天御中主神の「発展・繁栄」の教えと、天照大神の「和」の精神、「清らかさ」で成り立っていると説かれています。

        しかし、第2次大戦後、GHQによる占領政策のなかで日本神道が否定され、日本の成り立ちから続いてきた日本人のアイデンティティとも言える精神が全否定された結果、自信なき国民、自虐的国家となり、日本民族の誇りを取り戻せずにいるのです。


        戦後68年立った今、ようやく憲法改正の議論がなされ、日本の誇り、アイデンティティを取り戻そうという機運が出てきています。



        日本の人々が、日本の誇り、アイデンティティを取り戻し、世界の国々をリードするような国になるためには何が必要でしょうか?

        それは、やはり日本の国全体が、日本の歴史というものを正しく見直し、諸外国と比べてみて日本の美点を見直す必要があるのです。


        その上で、現代の日本には、
        仏陀の仏教的精神がインドから中国・日本と渡ってきた東洋文明と、
        ヘルメスのギリシャ的精神がギリシャから欧米、日本と渡ってきた西洋文明、
        この両文明の融合から、新時代の新しい文明・文化を創るという使命があるのだ
        と感じています。

        聖徳太子が仏教を日本に入れて仏教を広めてから、日本の国体が変わったと言われています。その意味で、仏教的精神はインドから中国、日本へと受け継がれ、日本には仏教的精神も流れています。

        「ユートピア価値革命」(大川隆法著)のなかで、
        これからの時代を生きていく人間は、少なくとも仏陀の時代からヘルメスの時代へ移っていくのです。(中略)仏教的生き方、そうした生き方をスタート点としながらヘルメス的生き方を上乗せしていきなさいといっているのです。」と説かれています。



        新時代を創る未来型人間の人間像とは、仏陀とヘルメスを融合した姿であり、
        日本の美点、日本の誇りとアイデンティティを見直しつつ、
        さらに仏教的精神を再構築し、ヘルメスのギリシャ精神を上乗せしていく姿であるのでは
        ないかと感じます。

        そして、この新しい文明、地球規模の新しい時代精神こそが、
        現代の混迷した世界を救う鍵であると思います。

        日本の人々が、自国の美点を見直し、日本の誇りを取り戻してくださることを
        切に祈ります。


        よろしければ、クリックをお願いします!
         
        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村





        新時代の文化に必要な条件とは

        0
          今日は、新時代の文化の条件について考えてみたいと思います。

          『 私は「多数決の時代はもう終わった」と思います。多数決の時代は終わって、やはり、優れたる個の時代です。優れたる個性の時代です。

          優れたる個性が、おそらく時代をリードしていくであろう。私はそう感じますし、それに間違いがないと思います。優れたる個性の時代です。

          そうであるならば、時代をリードしていく人は、優れたる個性を持たねばいけません。

          優れたる個性というものは、他の者と同じであってはいけない。

          自分の突出した性格、性質、能力を、思う存分に発揮する。そして、社会的に、ある程度、認められる。評価を得て、それ以外の世界をどんどんと出していく。こういうことが大事であろうと私は思います。』
          (大川隆法著「ピカソ霊示集」より)


          現代という時代は、民主主義の時代であり、自由主義国においては、
          多数決においてリーダーが選ばれ、多数決において法案が可決され、
          物事が決まっていく時代です。

          もちろん、共産主義や社会主義国もありますが、その流れは
          ソ連の時代からのマルクス主義の文明実験が失敗したにもかかわらず、
          旧体制が未だに残っている過去の体制でしかありません。

          現代優れたる制度として採用されている民主主義、多数決の時代においても、
          前提として良識ある国民という条件があり、常に衆愚制に陥る危険性を
          もっています。

          しかも、日本においては、長らく強いリーダー不在の時期が続き、
          政治、経済、マスコミにおいても、民主主義の盲点、欠点とも言える
          良識なき多数決が現在の混迷を招いているように思えてなりません。


          上記の霊言では、
          「これからは多数決の時代は終わり、優れたる個の時代が来る」
          と説かれています。

          新時代の特徴が優れたる個の時代であるならば、
          この日本から、優れたる個性、いわば天才が多数輩出されるような
          カルチャー、文化を作らなくてはなりません。

          その時に、弊害となるものは、日本に根強く残る平等の文化です。

          日本には村八分という言葉があるとおり、周りと同じような人を好み、
          飛びぬけた成功をする人を嫉妬し、引きずり下ろす傾向があります。

          出る杭は打たれる、という言葉もありますが、チャンスの平等ではなく、
          結果の平等を実現しようとして、成功者を自分と同じ立場にまで
          引き下ろそうとする傾向があるのです。

          しかし、新時代が優れたる個の時代であり、日本がその牽引役として
          リードしていくためには、この悪しきカルチャーを変えなくてはなりません。

          経典『繁栄思考』に説かれているとおり、
          成功者が出たら、その人を引きずり下ろすのではなく、
          「成功者を祝福し、その成功者の成功法を他の人々に伝授することで、
          次々と仲間を引き上げる文化を創ること」
          こそ新時代の文化に必要な条件であると感じます。

          日本が「自由からの繁栄」を尊重し、
          優れたる個性、天才を数多く輩出できる国になることを望みます。



          未来を拓く組織文化

          0
             今日は、『ザ・ネクストフロンティア』第2章 ドラッカーとの対話を参考に、

            未来を拓く人材論と組織文化について考えてみたい。


            『「それぞれの役割に合わせて、上手な使い方をしていくことが

            マネジメントなのだ
            」ということですね。

            そういう意味で、特に大事なことは、

            その人のいちばん使える長所のところに

            光を当てていくこと
            です。

            「この人のいちばんの強みは何か」ということで、

            人の組み合わせをつくっていかなければなりません。

            弱点ばかりを見ているような人や、

            波風が立つことばかりを恐れている人は駄目です。

            「人を長所で使っていくことが大事だ」ということですね。』

            『ザ・ネクストフロンティア』第2章 ドラッカーとの対話P.121より



            ドラッカーとの対話の中で説かれたこの内容は、

            生前のドラッカーの著書の中でも中核をなす思想の一つであるが、

            今、大事なことは人材論である。


            人材の潜在能力をいかに発揮するべきか。

            人材の能力をいかに組織としての成果に結びつけ、

            未来を切り開くべきか。


            そのためには、

            優秀な人材をならして平均的な人材にしていく組織文化ではなく、

            人材の強みを伸ばし、優秀な人材として活かし、成果を上げていく組織文化への

            カルチャー転換が必要
            である。


            『ザ・ネクストフロンティア』第2章 ドラッカーとの対話では次のように説かれている。


            「私に任せてくれ」と言える人材をつくると同時に、「個人主義に走ることなく、

            チームプレイで成果を上げる」というカルチャー
            をつくらなければいけないんですね。

            これがまだ十分でないと思います。』

            『ザ・ネクストフロンティア』第2章 ドラッカーとの対話P.106より


            人材の強みを伸ばし、主体的に責任を取り、

            アイデアを具現化できる人材を育てるとともに、

            個人主義ではなく、チームプレーで成果をあげ、

            チーム力を最大化していくカルチャーこそが、

            今求められている組織文化
            である。


            人材の弱みを見つめすぎて、その人の強みを評価しない組織であってはいけない。

            そして、組織内の調和を第一と考え、波風が立つことを恐れる組織であってはいけない。


            その組織が何を最上の価値としているのか。

            組織内の人間関係であるのか。秩序であるのか。

            それとも、外に向けた成果であるのか。

            もしも、外に向けた成果が第一優先であるならば、

            組織内の矛盾した価値観やカルチャーは体系的廃棄をしなければならない。


            人材の強みを活かし、一人ひとりが主体的に責任を取り、

            提案して具現化していくカルチャーへ。

            個人主義ではなく、チームプレーで成果を上げていくカルチャーへ。


            このカルチャー転換こそが、未来を拓くために必要なことだと思う。


            << | 2/2PAGES |