仏法真理が拓く音楽とは

今日は、仏法真理が拓く音楽について

探究してみたいと思います。

 

 

 

2018年1月に発刊された『仏法真理が拓く芸能新時代』には、

幸福の科学的な作品における大事な点について

次のように説かれています。

 

やはり、「普遍的なものの影を宿しているかどうか」が極めて重要になります。

 

言葉を換えて言えば、「芸術、芸能においては、千年前も二千年前も三千年前にも必要とされていたものが、実は、現代においても必要とされている。

 

かつてとは人々の生活は変わり、風習は変わり、文化は変わっているけれども、そのなかに、変わらない永遠の真理があるのだ」ということです。

 

引用:『仏法真理が拓く芸能新時代』

 

幸福の科学の仏法真理が拓く芸術作品としては、

「普遍的なものの影を宿しているかどうか」が極めて重要

と説かれています。

 

私たち人間は幾転生、

いろんな時代や地域に生まれ変わっていますが、

過去に生きた時代に必要とされたものが、

現在においても必要とされるような

変わらない永遠の真理、

普遍的なものの影を宿しているかということ。

 

これは、人間には仏性すなわち仏の性質が宿っており、

美しいと思うのは、教えられて思うものではない、

先天的なものなんだという

プラトンのいう想起説にも通じるのではないでしょうか。

 

生まれる前の天上界における美のイデアを思い出して

「美しい」と感じている、その普遍的な美を

宿しているかどうか、ということかもしれません。

 

 

では、仏法真理が拓く新しい音楽とは、

どのようなものでしょうか。

 

ベートーベンの霊言には、次のように説かれています。

 

私たちは、調べというものを通して、神の世界を表現しようとしているのであります。

 

引用:『大川隆法霊言全集』第39巻/ベートーベンの霊言

 

ほんとうの音楽というものは、人の心に喜びを与えるものです。幸福感を与えるものです。神秘的な情感を与えるものであります。

 

引用:『大川隆法霊言全集』第39巻/ベートーベンの霊言

 

 

音楽家は、調べというものを通して、

神の世界を表現しようとしている。

 

ほんとうの音楽は、

人の心に喜び、幸福感、神秘的な情感を与える。

 

 

幸福の科学的音楽とは、

天上界の波動を調べとして表現することを目指し、

人の心に喜びや幸福感、神秘的な情感を与えるもの

かもしれません。

 

 

また、音楽の可能性について、

三木監督守護霊は次のように語っています。

 

確かに音楽も、“普遍性のある言語”だからね。

日本語でなくても通じる。

 

そのリズムとかだけで、世界の人に通じるようなものもあるからね。

まあ、それを忘れちゃいけないんだとは思うけども。

 

でも、映像と音楽がマッチしたときの美しさは、何とも言えないよなあ。

 

引用:『青春への扉を開けよ 三木孝浩監督の青春魔術に迫る』


音楽は、”普遍性のある言語”であり、

日本語という言葉の壁を越え、

世界の人々に通じる。

 

映像と音楽がマッチしたときに

美しい作品ができるということ。

 

 

そして、マイケル・ジャクソンの守護霊霊言では

このように説かれています。

 

これから宇宙時代が来る!

 

でも、人々は、宇宙人と会話ができないよね。

だから、音楽がとても重要なんだ。

 

音楽が、宇宙人と地球人の心を結びつけるんだ。

 

音楽がとても大事だ。

宇宙人は、音楽を理解し、味わうことができると思うんだ。

そう思うし、そう願うね。

 

引用:『マイケル・イズ・ヒア!』

 

宇宙時代には、

音楽がとても重要であり、

音楽が宇宙人と地球人の心を

結びつける、

そのような未来まで語られていました。

 

 

最後に、ゼウスの霊言のなかで、

音楽家の影響力について、次のように語られています。

 

「その音楽が、どの程度、あとに遺るか。どの程度まで後世に影響を及ぼすか。それとも、消えるか」ということによって、音楽家の格は最終的には決まるだろうな。

 

ただ、例えば、ビートルズの音楽が消えても、先ほど言った、ハイドンやベートーベン、ヘンデルやモーツァルトの音楽はまだ遺っておったとする。

 

そうなると、それらの音楽が、「同時代に、どのくらい広がったか」という影響力の大きさは、やはり判定されなければいけないけれども、さらに、もう一つ、「それが、どれほどあとにまで遺って影響を及ぼしたか」という判定も必要であり、最終的には、その両方から見て、おそらく格付けが決まるだろうとは思う。

 

引用:『神々が語るレムリアの真実』

 

 

今日の探究をまとめると、

 

幸福の科学的音楽の目指すものとは、

・天上界の波動を調べとして表現すること。

・人の心に喜びや幸福感、神秘的な情感を与えること。

であり、

その音楽が、

 崙瓜代に、どのくらい広がったか」

◆屬修譴、どれほど後にまで遺って影響を及ぼしたか」

という観点から、

音楽家の格は最終的に決まるということ。

 

また、

音楽は、”普遍性のある言語”であり、

言語の壁を越え、

世界の人々にも

宇宙人にも通じるものであるということ。

 

仏法真理の価値観に基づいた音楽を創る

音楽家が、今後数多く出てくることを願っています。

 

 

 

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

 

宗教ランキング

アーティストランキング

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL