芸術文化の理念について

Pocket

今日は、芸術文化の理念について探究してみたいと思います。

 

2017年11月末に、大川隆法総裁より

「芸能と仏法真理」という

ご法話が説かれました。

(『仏法真理が拓く芸能新時代』第一章所収)

 

これは、幸福の科学的な

「芸能・文化事業」の基本的理念が説かれたという意味で、

2つの芸能プロダクションの経営理念にも相当する

本当に重要な御法話です。

 

これから創っていく新しい芸術文化の源流にあたる

基本的理念、経営理念として、

この考えを基にした芸術文化が

今後花開いていくのだと思うと、

いよいよ本格始動かと

ワクワクせずにはいられません。

その内容は、ぜひ読んでいただきたいのですが、

その中で探究したい重要論点を少しだけ

取り上げてみます。

 

ご法話では、

「商業主義」の問題点として、

単に売れればいいという価値観や、

流行だけ追うと、

何が正しいのか、真理なのか、美なのか

分からないことがあると説かれました。

 

現在のハリウッド映画や

大ヒット映画が、

興行収入は大きくとも、

流行や影響力は大きくとも、

真理価値という観点から見たら

玉石混交であることは

否めません。

 

それに対して、私がご法話で

一番印象に残ったポイントとして、

次のように説かれました。

 

地上界がいくら変化しても、あの世に還ると天国と地獄は厳然としてある。

その作品が「真・善・美」に関わっているかどうか。

芸術においては、「普遍的なものの影を宿しているかどうか」が極めて重要。

引用:『仏法真理が拓く芸能新時代』第一章「芸能と仏法真理」

 

どんなものが流行ろうとも、

時代によって美の価値観が変化しようとも、

あの世の世界に変えれば天国、地獄を分ける

価値観は厳然としてあるということ。

時代は変わっても、変わらない普遍的なるものの影を

宿しているかどうかが極めて重要だということでした。

 

【芸術の基本的理念】

ポイント① その作品が「真・善・美」に関わっているか。

ポイント② 普遍的なものの影を宿しているかどうか。

 

今回は、このポイント②の普遍的なものの影を宿しているか

について少し深く探究してみたいのですが、

『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶ2(概論)』には

次のように説かれています。

 

現代に生きるわれわれが、普遍的な生き方をしようとするならば、

あるいは「普遍」に触れようとするならば、

やはり、「永遠なるものの影」をつかまなければいけません。

同時代に生きながら、永遠なるものが存在します。

「永遠なるものの影」を見たら、それを逃さず、

つかんで、離してはならないのです。

同じ時代に生きていながら、永遠なるものが、一瞬、かすめること、

通り過ぎることがあります。その永遠なるものを捉える。

あるいは、少なくとも、その影を捉えて離さない。

永遠なるものに自分の人生の波長を合わせようとする。

そうした努力が、「普遍なるものへの参入」ということになるだろうと思うのです。

引用:『幸福の科学大学創立者の精神を学ぶ2(概論)』

 

普遍的なるものに触れようとするなら、

同時代に生きながら、永遠なるものの影をつかむこと。

この世の存在は諸行無常でありますが、

時代が変わっても残り続ける永遠なるものを捉え、

その永遠なるものの影、

その光や霊的波動や輝きを宿すということが、

普遍なるものへの参入であり、

普遍なるものの影を宿すことにも

繋がるかもしれません。

 

 

普遍なるものを作品に込める

 

また、『ユートピア価値革命』には

次のように説かれています。

 

「人のために生きる」ということを、まったくの茶番と見て、

笑い話にしてしまうような思想が、何ゆえに値打ちがありましょうか。

そのような生き方をしている人が、何ゆえに、

尊敬されることができましょうか。何ゆえに、尊敬されてよいのでしょうか。

 人間は、やはり、唯一の信念を持つべきなのです。

それは、「普遍なるもの」「永遠なるもの」に奉仕せんとする願いです。

 人類の歴史は、個性を持った人々によってつくられてきましたが、

自分一人の命は尽きても、

人類は永い永い理想とロマンの流れのなかを生きているのです。

引用:『ユートピア価値革命』

 

この世で自分のために生きるのみの人生ではなく、

「人のために生きる人生」、

「普遍なるもの」「永遠なるもの」に

奉仕する人生を生きるときに、

普遍なるものの影を宿すことに繋がるのかもしれません。

 

自分ひとりの命は尽きても、

この世の命より大切なもの、神の理想や信仰、

新世界建設のために奉仕した

人々によって創られてきたのが、

人類の歴史であったのでしょう。

人類史にそそり立つ偉人の精神は、

後の時代にも遺り、影響を与えています。

 

そして、『大川隆法霊言全集 第39巻』/シェークスピアの霊言

には次のように説かれています。

 

対話篇というのは以外に普遍的な姿なのです。(中略)

普遍的なるものというのは、やはりひとつには、

わかりやすくなければいけない。わかりやすいというのは、

こうした対話篇で話をするということ、これは人類の胸の奥底に、

心の奥底にのこるような、そうした普遍性があるのです。易しさがあるのです。

もうひとつ言えることは、結局、美しさですね、

文学の形式の中における美しさ、対話篇の中にも言葉の美しさ、

こうしたものがあると思いますが、この芸術性ですね。

これがあるからこそ長く残り、多くの人々の心を揺り動かすことができるのです。

そうした美しさ、言葉選びの美しさ、言葉の格調の高さ。

人の心を揺さぶるような感動的な言葉、こうしたものが心に残っていくわけです。

引用:『大川隆法霊言全集 第39巻』/シェークスピアの霊言

文学において

普遍的な姿とは対話篇であり、

分かりやすさと言葉の美しさがある

ということ。

 

これを映画に応用するならば、

人々の心を揺さぶるような感動的なセリフ

が紡ぎだせるかどうか

ということもあるかもしれません。

 

ご法話のなかでは、

真理は変わらない。その変わらない”定理””公式”を、

映画や小説、ドラマ、芸術の中に

入れられるかどうかが大事だと説かれていました。

 

そして、人類史のなかで、

一番長く遺っている普遍的なるものとは、

宗教的真理だと思います。

 

この世の流行や商業主義に迎合せず、

いつの時代も変わらない人間の本質と

普遍的なるものの影を宿す精神性、

「真・善・美」の宗教的真理を込めた作品が

どんどん生み出されていくことを

願っています。

 

 

※本記事は、2017年12月4日に旧サイトに投稿した内容を修正・加筆したものです。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket

SNSでもご購読できます。

プロフィール

 

arion

 

某教育機関で教員をしている傍ら、真理価値に基づく新しい文化づくりを探究中。

 

音楽と映画、歴史とラーメンをこよなく愛する40代。

 

新しい日本の未来のアイデアを提案していきます。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA