音楽と心と体の関係

音楽と心と体の関係
Pocket

皆様、こんにちは。

今日は、音楽と心と体の関係について探究してみたいと思います。

 

いつも聴いている音楽は、どんな音楽ですか?

私がよく聴いているPOPSなどでも、

聴くと気持ちが元気になったり、心が落ち着いたり、

安らかで平和な気持ちになったりします。

 

普段何気なく、好きで聴いている音楽が、

私たちの心にさまざまな影響を及ぼしていると

知っていたら、どうでしょうか?

やはり、音楽が人の心に影響を及ぼすものだと思うと、

良い影響を受ける音楽を聴きたくなるでしょう。

 

自分が楽しむための音楽を聴いているという段階から、

もっと音楽の神秘を知って、音楽を活用する方法もあるかもしれません。

 

スーフィズムの本では次のように説かれています。

「古代に広く行きわたっていた、霊的達成や魂の治癒を目的とする音楽の使用は、今では同じような広がりを見ることがなくなりました。音楽は娯楽とみなされ、神を理解するのでなく、神を忘れる手段になってしまいました。したがって、ものごとの長所を生かすも殺すも、それはその用い方しだいなのです。」(P.115)

『音の神秘』ハズラト・イナーヤト・ハーン著 (スーフィズムと音楽)

 

古代では、音楽は魂の治癒や霊的覚醒を促すことを目的として使われていました。

音楽を通して人々は神を感じ取り、理解しようとしたのではないでしょうか。

現代の商業主義の弊害によって、娯楽としてノリの良い音楽、

流行りの音楽がどんな影響をもたらすのかまでは、

ほとんど考えられていません。

 

しかし、真に音楽が人の心に及ぼす影響を知ったなら、

今流行っている音楽も良いものと悪いものに

二極分化していくことになるでしょう。

 

例えばタバコが健康に害があると認知されないうちは、

多くの人がタバコを吸っていましたが、

健康にかなり害があると知ってまでタバコを吸い続ける人は

毎年減り続け、法律でも規制がかかるようになりました。

 

音楽とは、娯楽のためのものだけでなく、

人の心と体に密接に作用するものなのです。

 

「健康とはリズムと音調が完全な状態であることを知ります。(中略)音楽とはリズムと音調です。健康が乱れたときには、音楽が乱れているということです。それゆえ、体内の音楽がおかしくなったときには、まともな状態にするのにハーモニーやリズムの助けが必須です。この治療法は自分自身の生命の音楽を研究したり、脈拍や心臓の鼓動や脳波のリズムを研究することで学べます。」(P.111)

「聴く者すべてを引き付ける音楽の秘密とは何でしょう。それは創り出されていくリズムです。魂を同調させ、この世の日々の生活の憂鬱や絶望を超え、元気づけるその音調です。絶望感や悩みをもつ特定の人にはどんなリズムが必要なのか、どんな音調が必要なのか、そしてその人の魂をどのピッチに高めるべきか、それが分かれば相手を音楽で癒すことができるはずです。」(P.113)

『音の神秘』ハズラト・イナーヤト・ハーン著 (スーフィズムと音楽)

 

ここでは、音楽のリズムと音調が健康にも作用すると説かれています。

人間の体も、心臓の鼓動と心が奏でるその人固有の波長があり、

音楽と捉えることもできるということなのではないでしょうか。

 

この体内の音楽が不調和の状態にあるときには、

正常な状態のリズムとハーモニーが分かっていれば、

それと同じ音楽を流すことで、体内の調和が取れて健康が回復する

ということができるのかもしれません。

 

自分の体のリズムやハーモニーを発見する機械を発明できれば、

大ヒットするかもしれませんね(笑)

 

引き続き音楽のヒーリング・パワーは探究していきたいと思います。

 

エドガー・ケイシーのリーディングでも、音楽の治癒力について次のような

興味深い記述があります。

われわれはその人がアトランティスにいたことが分かる。国に破滅が迫っていたころに、自分たちの活動を保つため、他国に人々が移住し始めた時代だ。この人は、今エジプトという名で知られている国に入った指導者たちの一人であり、色や波動、活動を人々の感情に調和させ、彼らが気性を変える助けをする、多くの電子音楽を持ち運んできたのである。

そして、この人は、外部からの影響力によっていわば憑依された状態にある人々や、体内の波動力から起こった病気にかかった人々との関係で、今生でも同じことを応用するかもしれない。その人は、自分が助けたいと思う人たちにとって、非常に有益な音色や色、サウンド、活動をつくりだすことができる。(P.27)

エドガー・ケイシー文庫『音楽療法』

 

なんと、伝説のアトランティスでは、色や波動、活動を人々の感情に調和させることで、

人間の気性を変える助けとなる音楽があったということです。

そしてそれは、憑依状態にある人や、体内の不調和で病気になった人にも治癒力がある

音楽でもあったのです。

 

最後に、楽器の音色が人の心にどう影響するかについて説かれた箇所を紹介します。

 

リュートや弦楽器は、人をすがすがしくさせる作用を高める。管楽器よりも。(P.35)

エドガー・ケイシー文庫『音楽療法』

 

楽器の音色も、いわば倍音の含まれ方で決まると言われていますが、

リュートや弦楽器が、人を清々しくさせる作用を高める

ということを言われています。

一つ一つの楽器の作用が分かったうえで、

作曲をしたらどんなに素晴らしいでしょうか。

 

音楽の霊的な意味やヒーリング・パワーには、

今後の音楽を大きく飛躍させる可能性を感じます。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket