音楽

ヘンデルのメサイアにみる”詩と音楽のハーモニー”

Pocket

今日は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルについて

探究してみたい。

 

1.”歌詞と音楽のハーモニー”を創る天才

 

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは、

1685年ドイツのプロイセン領ザーレ河畔の

ハレに生まれた。

ヨハン・セバスティアン・バッハが同じ1685年に

ドイツのアイゼナハに生まれたので、

二人は同い年であり、代表的なバロック時代の

音楽を創り上げた人物であることは、

皆さんご存知の通りであろう。

 

当時の音楽界では、バッハよりヘンデルのほうが

有名だったようで、

ヘンデルの人となりは

「とにかく豪快で、やり手のビジネスマンのよう」

だったそうだ。

 

ここで特筆しておきたい点は、ヘンデルという人物は、

音楽家であると同時に作曲家であり、

プロデューサーであり、

音楽ビジネスを立ち上げた人であるということだ。

 

バロックという時代に、自らのオラトリオで、

貴族の支援を受けずに興行的に成功したという点で、

音楽興行ビジネスの先駆けであったと

言っても過言ではない。

 

ヘンデルは、大いなる使命のもと、自らの人生を

音楽で彩った人生であったが、

変転浮沈の人生でもあった。

 

ドイツに生まれ、

宮廷付きの音楽家としてオラトリオなど

たくさんの作曲を行ったが、

イギリスに移住して、

イタリア語でオラトリオを上演してから

大きな気づきがあった。

 

それは、詩の歌詞は聖なる意味が込められ、

その歌詞の波動は母国語であってこそ、

その観衆の心にしみわたるように伝わる

ということであった。

 

イギリスで英語で上演したオラトリオについて、

以下のエピソードがあるので紹介したい。

翌日の『ロンドン・デイリー・ポスト』には極めて長文の匿名の賛辞が掲載された。「(前略)・・・もしこの町でこの作品が再び上演されるとしたなら、すべての人々にこのドラマの台本を携行することをお勧めしたい。なぜなら、ハーモニーは確かにそれ自体で言いようもないほどに優れたものではあるが、それがどのような歌詞に作曲されたかに注目してみると、詩と音楽がより一層見事に調和していることが分かるからである・・・(中略)・・・音楽を聴く際、それが表現している歌詞を知らなければ、作品を完全に楽しむことはできないのである・・・(中略)・・・歌詞が切り離されてしまうと、ここでの音楽はまったく別のものとなってしまう。聴くことと読むことを同時に行えば、心と体は一体となる。そして、もし聴きに行く前に少し時間をとって、この宗教劇の台本に自ら目を通すなら、演奏を聴いた時の喜びははるかに大きいものとなるだろう。この場合、劇場には、教会以上に厳粛な気持ちで入るべきである。これから出掛ける演奏会は誠にそれ自体がかつて神に捧げられた崇拝と敬意のなかで最も高尚なものだからである。この演奏会に組み込まれた祈祷劇は非常に崇高であり、それを聴くためにしかるべく準備された心と耳には、地獄さえ神聖なものと化すほどである―そこでなされる行為が場所を神聖化するのであって、場所が行為を神聖化するのではない・・・(後略)R・W」。

引用:三澤寿喜著『ヘンデル』P.125

 

ヘンデルの作曲において

大きな比重を占めていたのがオラトリオであり、

曲だけでなく詩と合わせたハーモニーを

大事にしていたのだ。

 

イタリア語のオラトリオよりも、

英語によるオラトリオによって、

詩と音楽が見事なハーモニーとなって

観客に伝わること、

この発見によって更なる飛躍を遂げたのだ。

 

聖なる祈りの歌詞で歌われる

歌とヘンデルの音楽のハーモニーは、

その空間を神聖化し、信仰心を高め、

清める信仰行為でもあると考えられた。

 

その意味で、現代の音楽にも通じる

”歌詞と音楽のハーモニー”を創る天才だったのだ。

一つはヘンデルの劇場作品における詩と音楽の緊密な結合に気付き、それを高く評価している点である。ロンドンにおけるイタリア・オペラの聴衆(多くは王侯貴族)は、たとえ英訳台本を手にしていようとも、詩と音楽の関わりに十分な注意を払ったとは到底思えない。彼らは粗筋程度の理解で、ひたすらイタリア人歌手の美声と名人芸を楽しんでいた。一方、ヘンデルの英語のオラトリオでは演技がないことも幸いして、その気になれば、台本を深く理解しながら音楽を聴くことができるようになった。ヘンデルのオラトリオを聴きに集まる聴衆の多くは新たに台頭してきた中産階級であり、知識階級であった。彼らは詩と音楽の結びつきに知的に関心を抱き始めていた。演技のないことはオラトリオの短所ではなく、むしろ利点となりつつあった。

引用:三澤寿喜著『ヘンデル』P.126

 

ヘンデルによる英語のオラトリオにおいては、

母国語での歌詞が非常に大事であったが、

演技なしで歌詞と音楽を聴くという点において、

現代の声楽に近いものがあると思う。

 

いわば、イタリアオペラに集まる

王侯貴族の伝統的音楽の楽しみ方から、

斬新なイノベーションを取り入れた英語オラトリオは、

新しい時代の主役となる中産階級、

知識階級に受け入れられ、

新しい音楽の楽しみ方としての興行が成功した

といってもよい。

ヘンデルは声楽曲の作曲家であり、全作品のおよそ9割が声楽曲で占められている。ヘンデル自身は声楽家ではなかったが、声楽話法を弁えた作曲家であり、未熟な歌手をトレーニングし、プリマに育成してもいる。彼は歌手本人以上に彼らの特性を把握し、彼らに最適なアリアを書くことができた。

引用:三澤寿喜著『ヘンデル』P.192

 

もう一つ、特筆すべき点として、

ヘンデルはプリマといわれる歌手の育成することで、

自らのオラトリオの成功を勝ち得たということである。

 

イタリアよりプリマと言われる

歌手を連れてきていたが、

有名な歌手よりも、自らの作品に適した

歌手を育てたということである。

 

歌手の特性を把握し、歌手に適した音楽を書き、

そして訓練して興行して成功させる、

現代でいう音楽プロダクション社長兼

トータルのプロデューサー、そして音楽監督であった。

 

この点、他のクラシック音楽の作曲家と

違いがあるとすれば、

ビジネス的才能に恵まれたことであろう。

屋根裏部屋で隠れて音楽の勉強をしていた男の子は、みずからの力で世界を切り拓いていきました。音楽的才能だけではなく、外交術にも長け、しっかりその土地のキーマンの心を掴み、彼らの喜ぶ音楽を見事につくりました。株の売買でお金を生み演奏会を回していくなど、ヘンデルは今で言うプロデューサーです。

引用:松田亜有子著『クラシック音楽全史』P.58-59 

 

2.人間存在の尊さ、素晴らしさを信じたヘンデル

 

そしてまた、ヘンデルは歌詞の内容にもこだわった。

ヘンデルが取り上げたテーマは

旧約聖書からの内容が多かったが、

そこで伝えたかったものは、

人間存在の尊さ、素晴らしさであった。

 

キリスト教的価値観では、

まず懺悔や悔い改めというテーマが出てくるのだが、

ヘンデルはよりダイナミックな人間存在の

潜在的パワーを信じていたのだ。

ヘンデルの声楽曲の大半を占めているのはオペラやオラトリオといった大規模な劇場娯楽作品である。世俗的な題材によるオペラはもちろんのこと、宗教的題材によるオラトリオのほとんどにおいてさえ、ヘンデルはそこに展開される生身の人間ドラマを描くことに主眼を置いていた。その根幹を成すのは深く鋭い台本解釈であり、人間存在に対する優れた洞察力である。(中略)

ヘンデルの人間的魅力でもある温かい人間愛は敬虔なプロテスタント(ルター派)であった母親や、ハレ大学の先輩ブロッケスの影響であったかもしれない。ブロッケスの啓蒙府議的汎神論は九つのドイツ・アリアの歌詞や、《ブロッケス受難曲》の台本にも明らかである。その現世肯定主義はヘンデルの人間賛美の精神に繋がっているように思える。そして、この強烈な人間賛美の精神こそヘンデルの舞台作品が発信し続ける不変のメッセージなのであろう。深い人間愛をもとに、音楽を通じて「人間存在」を問い続けた作曲家、それがヘンデルなのである。

引用:三澤寿喜著『ヘンデル』P.193-194

 

このように、ヘンデルは

「人間存在」というものを深く見つめ、

そのうえで人生をどのように謳歌するか、

人間の素晴らしさ、尊さを

どのように発揮して生きていくかを

追求した人物であった。

 

各人が授かった才能を活かして、

神の御心を信じ、

どのようにこの世で成功していくか、

光を掲げて生きていくか

ということを常に考えていたのである。

 

最後に、ヘンデルの代表作と言われる

『メサイヤ』について紹介したい。

ヘンデルの代表作といわれる『メサイア』(1741年)は、オラトリオの中でも最高峰として知られ、ヘンデルの生前から現在に至るまで高い人気を誇っています。「メサイア」とはメシア(Messiah/救世主)の英語読みです。「ハレルヤ」とはヘブライ語で「神をほめたたえよ」という意味で、有名な「ハレルヤコーラス」は、メシアの受難と復活を表す第二部の最後の曲です。現在も世界中でクリスマスになると演奏・合唱されます。オラトリオはイタリア語になじめなかった中産階級からも広範な人気を得られたため、当時から高い人気を誇りました。ヘンデルが抱えたビジネス上の負債も、この曲の収益のおかげで帳消しになったといわれています。

引用:松田亜有子著『クラシック名曲全史』P.50

 

この『メサイヤ』という曲は、

英語版オラトリオとして、

宗教的なテーマで作曲した中でも

非常に稀有なる曲である。

 

メシアの受難と復活というテーマは、

キリスト教を貫くテーマであり、

作曲家の人生の中で音楽を創るうえで、

量と質を問うとするならば、

ヘンデルの人生のなかで最高峰の質と

宗教的悟りを表現したのが

この『メサイヤ』という曲であろう。

 

ヘンデルは、この曲の着想が天から降りてきたとき、

この神の恵みと奇跡に胸が打ち震えるほど感謝し、

“何かに取り憑かれたかのように”一気に曲を完成させ、

途中、涙を流しながら筆を進める姿を

召使いが目撃したという逸話が残っている。

 

ヘンデルの宗教的人生と音楽の悟りが呼応して、

天上界から神の恵みとして与えられたであろう

『メサイヤ』ハレルヤコーラスのハーモニーを聴いていただきたい。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

 

 にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へにほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村

 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へにほんブログ村

アーティストランキング

音楽評論ランキング

Pocket

  • この記事を書いた人

arion_rovere

Aoide Production代表。”文化の創りかた”ブログ管理人。 Vyond、Premiere proで動画制作|楽曲制作|ブログ|新しい文化をカタチに!仕事依頼はAoideProductionホームページをご覧ください。

-音楽