「ユートピアの原理」からみた現在

「ユートピアの原理」からみた現在
Pocket

今日は、「ユートピアの原理」からみた現在について探究してみたいと思う。

2020年からの次の30年の未来ビジョン、

ユートピア論を考えるときに、

決して外してはならないのが幸福の科学の原点である。

大川隆法総裁が、創業期にどのような構想を描かれていたのか、

その理念と構想を踏まえたうえで、現在の位置づけを観ることが大事であると思う。

その意味で、今日は初期の教えのなかでも重要な10大原理の一つである

「ユートピアの原理」から、現在の位置づけを逆照射してみたい。

 

『ユートピアの原理』は、1988年5月に説かれた御法話がもとになっている。

幸福の科学設立2年目に説かれた本法話は、20世紀の世紀末の危機を乗り越えるという

文脈が最初にありつつ、その内容、未来への構想は、

決して色あせない真理であり、30年後の現在、

そして未来を照らし続けるユートピアへの指針でもある。

本書で説かれているように、

日本のある都市に壊滅的なことが起きるとも予言されている。(※東日本大震災で的中)

とある。

そうした時代になったときに、

そうした国状となり世界情勢となったときに、

未来への光として、希望の原理として

「ユートピアの原理」は説かれているのだ。

闇を打ち消すには、希望を持ってこなければならない。

その希望としてのユートピアの原理は、

3つの指導原理からなると説かれている。

ユートピアの指導原理

<第一の原理>霊性の時代の確立

<第二の原理>経済原理の変革

<第三の原理>行動原理の構築と探究

引用:『ユートピアの原理』

この『ユートピアの原理』が説かれて30年以上たった今、

現在の位置づけはどうだろうか。

 

<第一の原理>である霊性の時代の確立においては、

30年前よりは魂や霊を信じる人が増え、スピリチュアルブームなどが流行ったにせよ、

未だ唯物論の牙城が固く、今後予想されるAI社会においては、

より科学万能主義、唯物論的思考を持つ人々が増える可能性がある。

しかし、大川隆法総裁が説かれた仏法真理は、この30年間で200か国以上の国々にまで浸透し、

欧米など霊的人生観を持ち、信仰を持つ国々から

大川隆法総裁はグランド・マスターとして尊敬されている。

この日本でもマスコミや政治家も法シリーズをはじめとした書籍を読んで、

未来の方向性を探っている。

ただ、戦後教育の弊害によって、唯物論と科学万能主義が根付いた日本では、

宗教に対する偏見がいまだに抜けきれず、霊性革命未だし、である。

 

<第2の原理>である経済原理の改革については、

『ユートピアの原理』のなかで、

利益至上主義となっている現代の資本主義、商業主義は

現代の唯物信仰、「バール信仰」となってしまうと説かれている。

商業主義は善ではなく、社会の幸福化につながるかという視点が大事なのである。

ユートピア創りへの貢献、神の心=真理価値にどれだけ近づいているかという価値尺度が、

経済原理に取り入れられることが望ましい。

これについては、30年たった現在、

長引く不況のなか産業構造もイノベーションを余儀なくされ、

「資本主義の終わり」もささやかれ、ビットコインなどの仮想通貨や

フェイスブックの仮想通貨など、玉石混交のなかで

新たな価値尺度に基づく経済原理が生まれようとしている。

 

そして<第三の原理>である行動原理の構築と探究については、

ユートピア創りのための

個人と全体を改革する二大行動原理の構築と探究の

必要性が説かれている。

 

この二大行動原理の構築と探究を、今まさに実践しているのが、

HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバ―シティ)である。

大川隆法総裁の仏法真理の学問化を推し進め、

”人間の幸福”をテーマに、あらゆる学問を統合し、

真理に基づく価値判断の基準を提供するのが「人間幸福学」である。

そして、”公的幸福”をテーマに未来を創造する学問が「未来創造学」であるのだ。

 

『ユートピアの原理』では、ユートピアへの行動原理として

次のように説かれている。

ユートピアへの行動原理

<心のユートピアの原理>

①自己変革の決意

②蓄積と活動の原理

・内部蓄積の原理

・活動(伝道)の原理

③霊的世界の本質を知る

<社会のユートピアの原理>

ここに書かれている<心のユートピアの原理>は、

まさにHSUで「人間幸福学」を学ぶことで、

①自己変革が進み、

②教学を深め、ユートピア創りに参加していく人材を育てていく。

そして、

③霊的世界の本質を知ることで、

徳あるリーダー、すなわち光の天使のごとき徳ある人材を創っていく学校なのだ。

 

また、<社会のユートピアの原理>とは、

「未来創造学」である。

「創造性」と「人の心をつかむ人気の研究」を特徴としているが、

仏法真理に基づく政治、ジャーナリズム、法律、経済、教育、芸能、クリエーター等

各分野の探究と実践を志している。

「未来創造学」は、いわば仏法真理を三次元にどのように展開していくかを

探究する学問でもあるのだ。

 

そして、「経営成功学」は、

仏法真理に基づいた経営成功論、”勝つべくして勝つ”経営を追究する学問である。

企業経営から国家経営まで、ユートピア創りには欠かせない学問だ。

最後に「未来産業学」は、現代科学の限界を突破し、

人類の危機を救い、未来文明の源流を創るための学問である。

まさに、国家成長戦略と連動しており、

宇宙などの科学技術で後れを取っている日本が、

その先にある霊界と科学の融合によって、

最先端の研究となる可能性を秘めた起爆剤である。

 

『ユートピアの原理』の最後にこのように説かれている。

こうした目に見えぬものこそが、ほんとうの価値を含んでおり、そうした世界のなかで、そうした愛の大河のなかで、私たちが生きているということを、これを人々に実感させねばならない。知らしめねばならない。そこまでやらなければ、本当のユートピアの原理とはならないのです。

引用:『ユートピアの原理』

本御法話が説かれて30年以上たった今、

『ユートピアの原理』実践の核は、

まさにHSUであり、この大学から流れ出た人材、学問、アイデアや事業が、

ユートピア創りに繋がり、新文明建設の源流となっていくのだろう。

ゆえに、HSUこそ、世界が闇に沈んでいるときに掲げるべき

未来への光であると考える。

政府やマスコミ、そして多くの皆様に、

HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバ―シティ)が公器であり、

一般に開かれた大学であり、

日本の国を再び成長させるための戦略を持った大学である

ということをご理解いただければ幸いである。

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket