心の透明感と未来型人間

Pocket

最近個人的に気になっているのが、「未来型人間」という言葉です。

 

未来都市東京

 

昔からの会員の方は、90年代によく学ばれたと思いますが、

あのころ大川隆法総裁が説かれた「未来型人間」という教えは、

今まさに必要な教えであると感じています。

 

何年か前、リオオリンピックの閉会式での日本の演出を観た時に、

「2020年は未来都市東京だ!」という感覚が

脳裏によぎりました。

 

何かブレードランナーの映画を観ているときのような

未来都市のイメージと、

「日本は文化大国になる」という

未来への希望が湧いてきました。

 

未来都市、東京。

 

2020年東京オリンピックを機縁として、

再び日本人が力を合わせて

未来都市東京を目指していくには、

何が必要でしょうか。

 

もちろん、政治的には

聖都東京の政策が必要でしょう。

 

では、私たち一人一人に必要なものは何か。

それは、

未来への希望

だと思うのです。

 

中国や北朝鮮、韓国からの脅威に晒されながら、

日本の国を憂う私たちには、

希望の未来を描く力が必要です。

 

 

未来社会の原型は、永遠のギリシャにある

 

希望の未来を描くという意味で、

どのような未来を描けばよいか。

 

経典『ユートピア価値革命』第4章「未来型人間とは」には、

次のように説かれています。

 

『私は、あえて挙げるとするならば、

「来るべき未来社会のなかで、みなさんが未来型人間として

生きていく、その原型は、永遠のギリシャにある」と

述べておきたいと思います。』

 

 

これから創るべき未来社会の原型は、永遠のギリシャにある

と言われているのです。

 

さらに次のように説かれています。

 

『まだ、みなさんのあり方のなかに

現れていないものとして、

かつてのギリシャ的なるものがあるのです。

それを、自らの内に発見し、

自らの外に実現しなくてはなりません。』

 

では、かつてのギリシャ的なるもの、とは何でしょうか?

 

一点目として、『心の透明感』が挙げられています。

 

限りなく透き通っておりながら、

深い色合いを持っているような人間の出現。

自分の心を見つめてみたときに、どこまでの透明感があるか。

どこまで透き通っているか。

これを点検しなさいと説かれています。

 

透明感がないと思う方へ、なにゆえに底が見えないのか、

それを考える必要があります。

 

なぜ『心の透明感』がなくなってしまったのか。

それは、

『あまりにも余計な価値観を身につけすぎた』ということ、

すなわち人間が作り出した現在の常識を

無条件に受け入れて身につけすぎている、

ということなのです。

 

 

なぜ、なにゆえに、それが『常識』となっているのか。

これを深く考えたことは私も含めてあまりないかもしれません。

 

しかし、主エル・カンターレの説かれる仏法真理、

霊的人生観に基づく価値観が明かされている今、

この世的論理による『常識』というものは、

人間の無限の可能性を押さえつけている『余計な価値観』

であるかもしれません。

 

すなわち、

心の透明度とは、

『まず、自らの心の生地、この純粋なるものから

発するものを信ずる』ということ。

ここから出発しなければならない、と説かれています。

 

『常識』として教育のなかで

与えられてきたものを中心に判断するのではなく、

自分自身の自然なる姿に照らして、

どのような生き方が不自然であり押し付けであり、

この世的価値観であり余計な価値観なのか。

これを考えてみるということです。

 

要するに、この世的価値観や

『常識』と言われているもので判断しているのか、

それとも、自分の内面の真心から

純粋に素直に出てきた判断であるのか、

これを点検するということなのです。

 

「自らが思いを起こし、行動を起こす際に、

その思いと行動は、自らに本来備わっている源から

純粋に出ているものであるかどうかを確認せよ」

 

これができるかどうかが、

未来型人間になれるかどうかの一つの分かれ目だと思います。

 

ただし、これを見つめる前提として、

仏教でいうところの八正道の視点で

心の不純物を浄化することなくして、

心の透明感はでてきません。

 

だからこそ、仏教的土台のうえに

ヘルメス的考えを上乗せしていきなさいと

説かれているのではないかと感じます。

 

 

この世の常識をうのみにするな

 

また、宗教修行、信仰生活をして仏法真理を

学んでいる私たちであっても、

この世の『常識』や『価値観』、

そして現代に力をもっている国家、マスコミ等と

ぶつかることは数多くあります。

 

そのような時、この世的価値観や『常識』、

この世的権力に負けてしまっては、

魂の力は出てこないのです。

 

この世の常識や現代の社会構造がこうであるから、

今までずっとこのような教育を受けてきたから、

親がこのようにいうからという理由で

この世の『常識』に

負けてしまってはなりません。

 

なぜ、なにゆえに幸福の科学大学(HSU)が、

霊言は学問ではないという理由で

当時の文部科学省により不認可にならなければいけなかったのか。

 

なぜ、2009年に300選挙区も立候補した幸福実現党が、

マスコミの黙殺権力によって全くテレビで報道されなかったのか。

 

これが永田町の論理だから、マスコミの常識だから、

という理由をうのみにすることができるでしょうか。

 

例えば、幕末に活動した維新の志士たちは、

それまで300年近く続いた江戸幕府の常識をうのみにせず、

自らの内なる純粋な価値観に従って命がけで行動したからこそ、

成し遂げられたのです。

 

江戸幕府の将軍に逆らって、また藩の殿様に逆らって、

脱藩する、また新しい時代を開くための

活動をするということは、

当時の常識にとっては本当に犯罪でもあり、

国家を扇動する不穏分子とみられていたことでしょう。

 

それをものともせず、自らの内なる価値基準に従って

命がけで行動した方々がいたからこそ、

明治維新は成し遂げられたのです。

 

 

今の日本で、新しい時代を切り拓くためには、

現在の常識をうのみにせず、

勇気をもって内なる価値基準に従う決意が

必要です。

 

今、日本のみならず世界を救うための

新たな教えが説かれています。

 

現在の日本の常識的考えと行動では

日本と世界を救えないなら、

やはり精神的脱藩して新たな価値基準に従う

勇気が求められているのです。

 

このことを肝に銘じて、内なる価値基準に従って

行動していきたいと思います。

 

 

※本記事は、2016年9月6日に旧サイトに投稿した内容を修正・加筆したものです。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket

SNSでもご購読できます。

プロフィール

 

arion

 

某教育機関で教員をしている傍ら、真理価値に基づく新しい文化づくりを探究中。

 

音楽と映画、歴史とラーメンをこよなく愛する40代。

 

新しい日本の未来のアイデアを提案していきます。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA