サブスクリプション(定額課金)サービスと令和時代

サブスクリプション(定額課金)サービスと令和時代
Pocket

元号が令和となって初めての記事。

今日は、サブスクリプション(定額課金)サービスについて探究してみたいと思う。

まずは、以下の記事をご覧いただきたい。

20、30代は洋服より消費罪悪感ないサブスク出費。給料下がればアプリ断捨離

 

この記事の中では、20代、30代のライフスタイルが変わってきており、

消費行動がより毎月の消費罪悪感がない

サブスクリプション(定額課金)サービスを利用している若者が増えていると書かれている。

インターネット調査のマイボイスコムが発表しているデータによると、なんらかの定額制サービスを利用している人は全体の2割だったが、中でも若年層の比率が高く、10~20代男性は4割弱、10~20代女性は3割弱がサブスクを利用していた。

引用:20、30代は洋服より消費罪悪感ないサブスク出費。給料下がればアプリ断捨離

確かに、筆者は40代ではあるが、

サブスクリプションサービスをあまり気にすることなく

利用していることに気づいた。

例えば・・

・AmazonPrime

・U-Next

・NewsPicks

・スタディサプリ

・家計簿アプリ

など。

iphoneアプリやPC動画配信サービスであるが、

結構便利で使いやすく快適なサービスもあり、

”今までのライフスタイルからもう少し快適に変えたい”

というときに、月額○百円という金額は、

心理的ハードルがほとんどなく契約して利用していた。

しかし累計にしてみれば、月額合計・・・なんと、7800円!

固定費としてみて合計すると、驚きを隠せないが、

しかし快適さを一度知ってしまった今では、

なかなか断捨離もしがたい誘惑がある。

 

自分自身にしてもそうなのだから、

高校時代から自分で動画を創って投稿するような

10代~20代であれば、音楽や動画など、

より快適さと自分にマッチしたサービスを

求めてサブスクリプションサービスに抵抗感なく

契約するのかもしれない。

矢野経済研究所が2019年4月に発表したデータによると、2018年のサブスク市場は約5600億円。5年後の2023年には、50%増の8600億円規模にまで膨れ上がると予想されている。

引用:20、30代は洋服より消費罪悪感ないサブスク出費。給料下がればアプリ断捨離

デフレ不況で消費税増税をするかどうかと言われている今、

経済はさらに落ち込む可能性もあり、

若者~中堅層の収入も上がる見込みはあまりない。

そんな中、サブスクリプション市場は、5年後の2023年には

1.5倍の市場規模(8600億円規模)まで膨れ上がるとの予想が出ているのだ。

 

では、既存の販売による消費と、どんなところが違うのだろうか。

こちらの記事をご覧いただきたい。

いのに人気殺到!キリンの新鮮「サブスク」ビールが切り開く脱価格競争

 

これを会員制にして定期的に商品を発送する形にすると予定数を売れますし、新鮮な状態でお届けできる。定期的にお金をいただいているので、われわれも良い意味で余裕があるんです。逆に言うと、こういうビジネスはサブスクにしなければコスト的にもしんどい。1万人で計画しているところに予想外に10万人来たら、もうアウトですから。<中略>

これまでの商品の場合、商品を作ってバーンと特売をして、そこで売れなかったら、「ああどうしよう」となるのを繰り返す戦いです。お客様も「あの商品美味しかったのに、コンビニの棚からは2週間後に全部消えてた」とか、よくあるじゃないですか。メーカーがお客様の多様なニーズに対応できなくなっている。サブスク型にすると、そういう競争の呪縛からはある程度離れられる。<中略>

日常はどんな缶ビールを飲んで、週末は何を飲むのかなどの飲用の傾向データが絶えず取れるのですが、「この人はこういうライフスタイルなので、お酒全般や食べ物をこうマッチングしたらどうでしょうか」など、幅広い提案ができます。

引用:いのに人気殺到!キリンの新鮮「サブスク」ビールが切り開く脱価格競争

 

あのキリンが会員制で生ビールの

サブスクリプションサービスをやっているということで、

面白いと思ったのだが、

この記事を読んでサブスクリプションサービスの

メリットを抽出してみた。

<メリット>

①会員制にすることで、より会員のニーズに対応できる。

②レッドオーシャンの競争の呪縛から逃れ、定期収入で計画が立てやすい。

③顧客の消費傾向データが蓄積できて、

 ニーズにあった提案や、トータルコーディネートに繋がる。

このキリンの記事を読んでも、

今の顧客は多様なニーズがあるが、

メーカー側がそのニーズに対応しきれていないと書かれている。

顧客の多様なニーズにきめ細やかに対応できるためには

消費傾向のデータが役立つし、関連商品も販売できる可能性があるため、

サブスクリプションサービスは現在の顧客のニーズに合っているのであれば、

今後もある程度伸び続けるのだろう。

もちろん、アマゾンなどのプラットフォーム側はサブスクリプションでなくても

消費傾向の提案で売り上げが伸びるのかもしれないが、

どちらにしろ会員登録+定額制の魅力的な囲い込みサービスができれば、

顧客離れを起こさずニーズを満たし続ければ時流にあったサービスが提供できるかもしれない。

今後も動向をウォッチしていきたい。

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket