Withコロナ時代の霊的対処法

Pocket

今日は、Withコロナ時代の霊的対処法について探究したいと思う。

1.Withコロナ時代に必要なもの

昨日、WeeklyOchiaiの以下の番組を観た。

【落合陽一】Withコロナ時代の日本再生ロードマップ

新型コロナの現在の状況と見通しを踏まえ、

日本や先進国でいったん沈静化しても新興国で防げなかったコロナが

第2波、第3波として先進国に流入してくることを考えると、

既存の都市型経済、密閉した高層ビル群の中央集権型の文明の在り方が

崩壊していく流れになる、という趣旨の話だった。

日本でもこの1か月で緊急事態宣言が終わるなどという

甘い見通しを信じている人は少なくないかもしれないが、

少なくとも2年は新型コロナ収束までかかるだろうという見方も強い。

”ポストコロナ時代はもう元には戻れない”

という前提に立ち、今後の新しい文明のあり方を

考えていくべきではないだろうか。

この番組のなかで安宅和人氏が提唱していた

「開疎化」という言葉が非常に心に残った。

開疎化と言っているのは、一言で言えば、Withコロナ社会が続くとすれば、これまで少なくとも数千年に渡って人類が進めてきた「密閉(closed)×密(dense)」な価値創造と逆に、「開放(open)×疎(sparse)」に向かうかなり強いトレンドが生まれるだろうという話だ。

引用:ニューロサイエンスとマーケティングの間 – Between Neuroscience and Marketing

ここで述べられているのは、

今までの未来社会として想定されていた

「ブレードランナー」的都市型未来社会から、

開放+疎である「風の谷」的未来社会に

移行する強いトレンドが生まれるということだった。

このトレンドの変化により、

人間が動くのではなく、情報や技術やモノが動く形で、

大きなイノベーションが起こることが予想される。

今ZOOM飲みなどが流行っているようだが、

実際に体感することで付加価値を高めていた時代から、

インターネットなど仮想空間で、人間同士が会わないなかで

どのように付加価値を高めていくのかという観点から

ベンチャー企業や技術革新がなされていくのだろう。

そのような世界観のなかで、何も考えなければAI社会に移行し、

ほぼインターネットのバーチャルな世界がメインとなった社会は、

中国資本で唯物論的考え方を持ち、

AIを信奉する巨大企業が支配する世の中にならんとも限らない。

 

前置きが長くなってしまったが、

今後のWithコロナ時代のAI社会が急速に進む中において、

注意喚起しておきたいことは、

”神を信じない唯物論的なAI社会は、人間の自由を奪う望ましくない社会となる”

ということだ。

今回の新型コロナ対策においても、

基本的に隔離政策や衛生管理上の対策がメインであり、

霊的観点からの対策は全くとられていない。

ワクチンがない新型コロナウイルスに対しては、

本来霊的観点からの対策こそ、最も有効な対策なのだ。

 

2.新型コロナの霊的真実とは

大川隆法総裁は、新型コロナウイルスに関する数多くの霊査をされている。

(複数の霊人の意見であり、大川総裁本人の意見ではない)

・今回のウィルスは、去年の12月ごろ「中国・武漢の研究所から漏れたもの」と推測

「戦争用」だけに開発されているわけではありませんでして、もう一つは、「中国の高齢化対策用」につくられている

・このタイミングでなければ、もっと大きな被害が始まるときであった。香港の“ウイグル化”とか、台湾の“ウイグル化”とか“チベット化”が考えられたときですねえ。ああ、攻撃プランはもう立てていたはず。今年ね、立てていたと思います。強硬策を考えていたはず

・実は、中国は生物兵器のウィルスを何種類か持っており、「致死性の高いウィルスをアメリカやヨーロッパに拡散した可能性」がある

・中国はこのウィルス問題を逆利用して、アメリカを攻撃して弱らせ、EUには救済に入るかたちで影響力を強めようとしている

・その背景にあるのは、信仰心をもとにした自由・民主主義と、唯物論・無神論の共産主義の戦いであり、第三次世界大戦ともいえる状況になりつつある

この新型コロナに対する神々からの声とは、

中国共産党の一帯一路戦略、この唯物論思想の蔓延による

ウイルスであること、この真の敵は、

「唯物論・共産党ウィルス」であるということだ。

 

ウイグル人弾圧や人権侵害など、人間の尊厳をないがしろにする

中国共産党が創り出したウイルスと戦うことが正義であり、

自由・民主・信仰を世界に広めることが正義なのだ。

つまり、今回の危機の本質は、

「唯物論が世の中に広まって、信仰心が失われている」ことなのだ。

中国にこそ、反省を促す必要があるのだ。

この世的、唯物論的な方法では根本的な解決にはならない。

「霊的視点からの対策」こそが重要であり、この世の命のみならず、

魂を救う必要がある。

地上を浄化するには、人々が信仰心を取り戻すことが

何よりも一番有効なのだ。

ウィルスの感染は、憑依の原理と同じ現象ともいえる。

新型コロナウイルスは、敵を殺したいという想念、憎しみの波動が

ウイルスを悪霊化させた「共産党ウイルス」といわれている。

今回の新型コロナウィルスが「共産党ウィルス」であることを考えると、

「霊やあの世なんかない」という唯物論的な考えや、

「神仏などいない、信じられない」という疑の心、

恐怖心、憎しみの心、嫉妬心、

自助努力を否定する心などが同通しやすいと考えられる。

だからこそ、まず「個人の心の法則」においては、

それらの反対の心を持ち、

自分の心からマイナスの想念やネガティブな考えを取り去ることが、

ウィルスに憑依されないために大事なことであるのだ。

 

3.信仰免疫こそ最大の特効薬

「信仰をもつとウィルスの悪性は弱まる」と言われている。

大切なのは、「信仰を持ち、精進することによって

免疫力が高まり自然に治る」という考え方である。

新型コロナウィルスのパンデミックを鎮静化させるには、

「真なる神への信仰、帰依」こそが、唯一の根本的な解決の道であり、

主エル・カンターレを信じ、主の説かれる仏法真理を信じることで、

霊的な光と闇の戦いに勝利することが、

新型コロナウイルスへの一番有効な霊的対処法である。

興味がある方は、5月15日公開の千限美子主演

『心霊喫茶「エクストラ」の秘密」をご覧いただきたい。

霊的な影響がどれだけ人間に及んでいるかが分かるだろう。

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

1+
Pocket

最新情報をチェックしよう!