霊的価値観と美

Pocket

このブログ立ち上げ時の主旨は、現在ただいまのなかにある未来の種を探し、
 
”霊的価値観”に基づいた文化とは何かを探究するというものです。
 
 
そこで改めて初志貫徹を志し、
 
”霊性”と”文化”をキーワードにブログを書いていきたいと思います。
 
 
 
『神は全知全能です。神は、万能であって、万物のすべてを支配されています。
 
そうである以上、神のお心のなかには、すべてのものがある。
 
すべての性質、一切合切が入っています。
 
その子供である以上、人間の心のなかにも、神の姿のすべてが入っているのです。
 
その心のなかに、美というものを感ずる魂の面があるのです。
魂の切り口があるのです。
 
その魂の切り口が、美を司る神霊たち、精霊たちの呼吸を感じとるのです。
 
これが、「美しい」と感じることの、ほんとうの意味なのです。』
 
(大川隆法著『ピカソ霊示集』から抜粋)
 
 
私たちが美しいと感じるとき、なぜ感じるのでしょうか?
 
理性的に考えて、感じているのではないはずです。
 

続きを読む

Pocket

日本の未来を拓く思想の力

Pocket

今日は、『維新の心』山県有朋の霊言を参考に、日本の未来を拓く思想の力について

考えてみたい。

『やはり、中国本土のなかに思想を流し込んでいくことがとても大事だよ。

それによって、中国のなかから変えていけるからね。それをやらないで、

単に物理的な防衛力だけを考えても、駄目だと思うね。

かつて、仏教や儒教が、中国から日本に来たように、逆に、そういう文化的輸出をし、

日本を尊敬させることによって、かつての憎しみを取り除くということが

非常に大事であろうと思われる。そういう文化的な根っこの部分が共有できれば、

もうちょっと、まともな外交交渉も成り立つようにはなると思う。《中略》

「衣食住足りて礼節を知る」と言われるように、人は、衣食住が十分なものになって

初めて、文化的な高みを求めるようになる。そのときに、啓蒙思想、あるいは

宗教というものが必要になってくるんだね。だから、中国が、そういう新しい

啓蒙思想を必要とする時代は近づいていると私は思う。』

(『維新の心』第2章 思想の力で中国を変革せよ より)

今、まさに北朝鮮がアメリカとの会談により、核放棄の方向に動いているとすれば、

一帯一路構想による中華経済圏をつくろうとしている中国の軍拡主義が、

いよいよ直接前面にでてきてどのような動きを見せるのか、これからが正念場である。

続きを読む

Pocket

未来を拓く人材の条件

Pocket

今日は、前回に引き続き、『勝海舟の一刀両断』を参考に、

未来を拓く人材の条件について考えてみたい。

第一に挙げるべきは、物事の本質が分かること。

別の言葉で言うとしたら、「物事の重要さが見抜ける」っていうことだな。《中略》

「どうやったら、重要かどうか分かるか」というのは、

結局だなあ、それがわかるようになるためにはだね、”自己中”の人間では駄目なんだよ。《中略》

会社なり、組織なり、社会なり、国家なり、「全体から見て、どういう役割を果たしているか。

それはどういう意味を持つのか」という、こういう問いをだなあ、自分に問いかけて


仕事をしている人間だよな。これが、やはり重要感を出してくる
と思うんだな。』

(大川隆法著「勝海舟の一刀両断」第一章より)

 

「勝海舟の一刀両断」では、未来を拓く人材の条件として、

第一は、物事の本質が分かること。重要度が見抜けること、と書かれている。

自分の仕事に一生懸命で、周りから見たら”自己中”になってしまってはいないか。

それでは、物事の重要度を見抜く目は養えないだろう。

自分の仕事を成しつつ、常に全体の中でどういう位置づけにあるのか、どういう役割を

果たしているのかを問い続ける姿勢こそが、物事の本質を見抜く目を育てていく。

続きを読む

Pocket

未来を拓く人材とは

Pocket

今日は、『もし諸葛孔明が日本の総理ならどうするか?』を参考に、

未来を拓く人材論について考えてみたい。

もっとゼネラルに勉強しないと駄目です。「政治家の素質のある人がいない」とは言いませんが、これは、人材の質の問題なのです。《中略》

本当の意味で役に立つ人材というのは、個性的な自己開拓というか、自己鍛錬をしている人が多いのです。

要領よく最短コースで学校を出たからと言って、使い道がないんですよ。《中略》

もう一段、何と言うか、「出戻りをしたり、脇道に入ったり、いろいろしながらキャリアを付けてくることを評価するカルチャー」をつくらないといけないでしょうね。《中略》

やはり、人材をつくるには、経験と知識の領域を徹底的に広げさせなければいけません。』

『もし諸葛孔明が日本の総理ならどうするか?』 Chapter3 より

 

諸葛孔明との対話のなかで、孔明は未来を拓く人材について、

ゼネラル思考ができて、海外経験やさまざまなジャンルの専門知識と経験を積み、

経験と知識の領域を徹底的に広げてきた人

を挙げている。

これからの時代に本当の意味で役に立つ人材とは、

個性的な自己開拓や、自己鍛錬をしている人である。

続きを読む

Pocket

理想と挫折

Pocket

今日は、最近感じていることを書こうと思う。

人生のなかで一番大事なものって何だろう。

その問いの答えを探すために、いろんな本や昔の偉人の格言を読み、考えていた。

 

人はだれしも、自分の成功を夢見て生きる。

その夢・ビジョンに向かって努力し、それをまた生きがいにする。

その中で、挫折し、自分の夢がいかに自分にふさわしくないものだったかと嘆くこともあるだろう。

そして、自分がかつて描いた夢を一回り小さくし、そして現実を見なければならないと

自分の心に言い聞かせ、これが大人になる道なのだと自分を納得させようとする。

その先にあるものは、諦めと、中年の自己。

それはまた、理想が、現実に負けていく姿でもある。

続きを読む

Pocket

新文明を具体化する理念とは

Pocket

今日は、新文明を具体化する理念とは何かを探ってみたいと思う。

 

最近、『未来予測研究会』を主宰する

飛岡健氏の講話を聴く機会に恵まれた。

お話しではとても興味深い内容があったのだが、

そのなかでも”日本には男の時代と女の時代がある”

という話が印象に残った。

 

日本には、これまでの歴史では男の時代と女の時代が

交互に来ているという。

 

男の時代とは、外国から様々なものを取り入れ、

文化のイノベーションを図った時代。

女の時代とは、取り入れたものを吸収し、

日本風に文化として発展させた時代。

 

続きを読む

Pocket