文化

文化の香りを高く掲げよ

LINEで送る
Pocket

今日は、会社の目的と文化創りについて、

探究してみたいと思います。

天御中主神の霊言の中に、

次のように説かれております。

「文化というものは、結局、

魂の豊かさを意味する。

魂を豊かならしめるもの、

そうした人間的産物、

業績、生産物、

これを文化と呼ぶのだ。

すなわち、魂を豊かにするために

人々が編み出した工夫、

これを文化というのだ。

人々の智慧の集大成をもって

文化というのだ。

さすれば、文化を高めるために、

人々は、もっともっと

励まねばならないと思う。」

(『大川隆法霊言全集』第36巻 天御中主神の霊言より)

 

文化というものは、魂を豊かにするために

人々が編み出した工夫であり、

人々の智慧の集大成が文化である

ということなのです。

 

では、智慧とは何でしょうか。

『智慧の法』には、

「この世の知識を超えた

「人類普遍の真理」を得ることこそ、

あなたがたがこの世に生きている

理由なのです。

それこそが、「智慧」

ということなのです。」

と説かれています。

 

科学万能主義と唯物論に染まった

現代のこの世的知識は、

真実の智慧ではありません。

現代社会で最高度の知識を得ている

知識人と言われる方々も、

霊的世界観を知らず、

なぜ生まれてきたのか、

人生の意味等を知らなければ、

人間として一番大事なことを

忘れ去っている人々であり、

科学万能主義と唯物論の迷妄を

信じている人々が

最高の知識人であるはずがありません。

 

真実の智慧とは、

この世の知識を超えた

「人類普遍の真理」を得ることであり、

この智慧を得る事こそが私たちが

この世に生まれて生きている理由

だということなのです。

 

人々の智慧の集積が

文化であるということですが、

文化づくりの阻害要因について

次のように説かれております。

「この「文化を高める」

ということに関して、

いま一つ阻害要因となっておるものが

貨幣経済であろうと私は思う。」

文化を高めるための阻害要因として、

貨幣経済を挙げられています。

「人間は、地上に、智慧ある者と

なるために生まれてきておるのである。

みずからの生み出した智慧によって、

より多くの人々を潤し、

より多くの人々を豊かにし、

より多くの人々を幸せにするために

生まれてきておるのである。

「利潤の追求と、その公平分配」

ということが、

人間本来の使命であるはずは

ないのである。」

(『大川隆法霊言全集』第36巻 天御中主神の霊言より)

 

現在の貨幣経済は株式会社等を

中心に発展してきましたが、

その株式会社、営利組織の目的は基本的に

「利潤の追求」にあります。

そして人間の目的は、魂修行であり、

人生経験を通して固有の智慧を得るために

生まれてきております。

この貨幣経済の中心である

株式会社の目的が、

人間の本来の目的と違うのではないか

ということなのです。

もっといえば、

「利潤の追求とその公平分配」

という株式会社の目的が、

自ら生み出した智慧によってより多くの人々を潤し、

豊かにし、幸せにするという

人間本来の目的を阻害している

ということなのです。

 

 

会社の目的は利潤の追求ではない

株式会社の「利潤の追求」とは、

本来手段であるべきではないでしょうか。

株式会社の目的には、

もっと理想を掲げるべきではないでしょうか。

「なぜ、その目的の高貴さを

競おうとせんのか。

なぜ、その精神の高邁さを

競おうとせんのか。

なぜ、利潤の額だけを

競おうとするのか。

こうしたことのなかに、

われは大いなる不満を

感ずるものである。

会社というもののなかにおいて、

人々は、その生涯の大半を

送ってゆくのである。

ならばこそ、

その会社の活動方針において、

文化の香りを高く掲げよ。

そうでなければ、人間に、

ほんとうの帰属意識と

いうものは生まれない。

より高次なるものに奉仕するのが

魂の目的であるのだ。

これを知らねばならんと思う。」

(『大川隆法霊言全集』第36巻 天御中主神の霊言より)

 

ゆえに、文化の高みを創るためには、

「利潤の追求」という株式会社の

目的の上位概念として、

経営理念のなかに文化の香りがする

ような高邁な理想を掲げ、

多くの人々を潤し、豊かにし、

幸せにする理念をつくること、

が大事ではないでしょうか。

 

光の天使にも利益は必要、

と言われたのはドラッカーでしたが、

光の天使の魂であれば、

事業の根底に多くの人々への愛が

あることでしょう。

 

いわば、何のために事業をやっているのか、

本当に人々の幸福を願ってやっているのか、

自らの利潤を最優先にしているのか。

この経営理念の奥に、心からの愛があるかどうか。

社員にその理念が浸透しているか。

この奥底の思いが自社のためなのか

多くの人々の幸福のためなのかが、

これからの時代の事業の明暗を

分けるのではないでしょうか。

 

多くの人々を潤し、豊かにし、

幸せにする理念を掲げる会社が

数多く生まれることで、

人々の努力の結晶から智慧が生まれ、

文化の高みが創られることを心から願っています。

 

 

※本記事は、2015年1月20日に旧サイトに投稿した内容を修正・加筆したものです。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

 にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へにほんブログ村

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へにほんブログ村

 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へにほんブログ村

アーティストランキング

音楽評論ランキング

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人

arion_rovere

Aoide Production代表。”文化の創りかた”ブログ管理人。 Vyond、Premiere proで動画制作|HP制作|楽曲制作|ブログ|新しい文化をカタチに!仕事依頼はAoideProductionホームページをご覧ください。

-文化