1%のインスピレーションを得る方法

Pocket

今日は、1%のインスピレーションを得る方法について

探究してみたいと思います。

 

「WIRED」の過去記事に音楽家・坂本龍一の記事が

載っていたので読んでみました。

 

坂本龍一は皆様ご存知の通り、YMOで音楽活動を続ける傍ら、

映画「戦場のメリークリスマス」の出演、映画音楽で大ヒット、

映画「ラストエンペラー」ではアカデミー賞作曲賞などを受賞した音楽家で、

現在も幅広く活躍されており、どのように曲を創っているのか興味がありました。

 

その記事のなかで印象に残ったことは、以下の部分です。

 

ぼく自身のことを考えても、「根源的に問う」ことを日常的にやっているからこそ、

新しい「音」をつくることができるのではないかと思います。

ただ、そうした新しい「音」は、突然思い浮かぶから大変なんですよ。

昔、クルマを運転しているときにメロディーが思い浮かんだときは、

本当に慌てたことを覚えています(笑)

引用:「理想の「音」は雨の音。音の自由を求め、原点へ」

 

 

常に「根源的に問う」、

すなわち考え続けているからこそ、

新しい「音」をつくることができるのだということ。

 

ポイント① 常に考え続けること。

 

そして、新しいアイデアを得る秘訣についても

以下のように語っていました。

 

あと、真剣にものをつくるときは、情報のインプットで満腹な状態にしないこと。

少なくともぼくの場合は、自分が“空腹”でないとアウトプットができません。

『async』をつくったときも、メールのチェックは必要上仕方ないとはいえ、

SNSの類は一切目にいれませんでした。

24時間の準備態勢、つまりいつ新しいアイデアが降ってくるか

わからないなかで心の態勢を整えておくこと。

いざというときは自分を空っぽにすること。

このふたつが大事なんじゃないでしょうか。

引用:「理想の「音」は雨の音。音の自由を求め、原点へ」

 

創作するときには、情報過多の状態にしない。

いつでもインスピレーションを受けられる

心の態勢を整えておくこと。

 

そして、いざというときに自分の心を空っぽにすることが大事。

 

ポイント② 情報遮断してインスピレーションを受ける心の態勢を整えること。

 

一流の音楽家が実際に心掛けているこの2つのポイントは、

新しいものを創り出すクリエーターにとって

非常に大切だと思います。

 

ベートーベンの霊言では、曲の着想について

このように説かれています。

 

一つの曲、何時間にもわたる曲の着想というものは、ほんの一秒か二秒なんです。

その二時間、三時間の着想という壮大な曲が、

ほんの一秒か二秒のインスピレーションの中に、集約されてくるのです。直観なのです。

引用:『大川隆法霊言全集 第38巻』/ベートーベンの霊言

 

壮大な曲の着想のインスピレーションは、

わずか1秒の一瞬の直感で得られるのです。

 

 

1%のインスピレーションを受けるための99%の努力

 

ではどうしたら

そのインスピレーションは得られるのでしょうか。

 

『創造の法』には、このように説かれています。

 

インスピレーションを受けるためには、地上の人間の側に、

それを受け止められるだけの力が必要です。(中略)

したがって、インスピレーションを受け取れるだけの器をつくる努力が必要です。

そうした努力を継続していくなかに、

よいインスピレーションが下りてくるようになるのです。

引用:『創造の法』

 

やはり、良質なインスピレーションを受けるためには、

それだけの器が必要であり、素晴らしい曲の着想を降ろしても、

それを理解しこの世に具現化できるだけの器がなければ、

インスピレーションは降りてこないということなのです。

 

だからこそ、器づくりのための

日々の絶え間ない自助努力が必要です。

 

器ができ、努力に努力を重ねて準備ができた時に、

禅でいう卒啄同時のたとえのごとく、

天上界から他力としての

インスピレーションが降りる

といわれているのです。

 

ゆえに、まずは諦めずやり抜く自助努力が本当に大事です。

 

努力をせずにインスピレーションが降りてくることばかりを

願ったり、努力を途中であきらめてしまっては、

天上界からの支援は得られません。

 

発明王エジソンが、

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」

といったのは、 

本当の意味は、努力は当然のことで、

「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる」

ということが言いたかったのだという説もあります。

 

芸術家として後世に遺っている作品は

ほとんど天上界の美を表現し、

霊的バイブレーションを持つ作品です。

 

ゆえに芸術作品においても、

天上界にある理想の美のイデア、

その霊的な波動が1%でも込められてこそ、

素晴らしい作品になっていくのではないでしょうか。

 

創造の法にはさらに、

インスピレーションを受ける心構えについて

次のように説かれています。

 

心が澄み切っていくと、天上界からの霊示を非常に受けやすくなります。

したがって、努力をしながらも、心が粗雑な波動にならないようにする必要があります。

穏やかな波動を自覚的につくれるようになると、

天上界からのインスピレーションを非常に受けやすい状態になるのです。

脳波で言うと、いわゆる「ベータ波」ではなく、「アルファ波」の状態にすることです。

宗教的に言えば、これは、「究極のインスピレーション獲得法」であり、

創造性につながる部分であろうと思います。

引用:『創造の法』

 

坂本龍一氏が言っていた

「情報遮断して24時間アイデアを受ける心の態勢を整える」

ということも、

宗教的には瞑想などで心を調和させ、

精神統一することに当たるかもしれません。

 

自助努力の汗を流し続けて器づくりをしてこそ、

器ができた時に天上界から

一瞬のひらめきとしてのインスピレーションが降り、

その着想、アイデアこそが

この地上を潤す発明や創造につながるのです。

 

インスピレーションを受けられる器づくり、

すなわち自分の専門技術の向上と心の修行を続け、

天上界の美のイデアをこの地上に表現できる

クリエーターが数多く出てくることを願っています。

 

 

※本記事は、2017年11月27日に旧サイトに投稿した内容を修正・加筆したものです。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket

SNSでもご購読できます。

プロフィール

 

arion

 

某教育機関で教員をしている傍ら、真理価値に基づく新しい文化づくりを探究中。

 

音楽と映画、歴史とラーメンをこよなく愛する40代。

 

新しい日本の未来のアイデアを提案していきます。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA