映画『宇宙の法―黎明編―』北米感想

Pocket

今日は、2018年10月12日公開の映画『宇宙の法―黎明編―』について

さらに探究してみたいと思います。

 

公開初日からの日本全国での週末動員数ランキングで、

1位を獲得!

先日お亡くなりになられてかなりニュースでも報道された

樹木希林さんの『日日是好日』が2位

ということを考えると、かなり好評な滑り出しです。

 

中でも話題をさらっているのが、

ザムザ役の声優を努める千眼美子さんと

豪華声優陣!

主人公レイ役の声優:逢坂良太さんとザムザ役:千眼美子さんの

ヒット大御礼スペシャル動画が、声優ファンを中心に話題になっています。

 

 

この映画『宇宙の法―黎明編―』は、日米同時公開。

それに先駆けて

10月6日(土)、ロサンゼルスで開催された映画祭「Awareness Film Festival」にて

「宇宙の法-黎明編-」のワールド・プレミア上映会が行われ、

「宇宙の法‐黎明編‐」がアニメ部門の最高賞である

「SPECIAL JURY ANIMATION AWARD」

(アニメーション部門 審査員特別賞)を受賞しました!

 

この映画『宇宙の法―黎明編―』には、

地球人のルーツを明らかにし、

様々な人種の争いを超え、地球人として目覚め、

真の意味で一つに融和するために必要なメッセージが描かれています。

 

この映画のメッセージは、様々な国の人々や移民を受け入れているアメリカや、

多くの国で共同体を構成しているEU・ヨーロッパで

共感される内容ではないかと内心期待しています。

 

なぜなら、

宗教対立、人種差別、他民族の価値観の対立、戦争と平和の考え方など、

実際に日々に感じる問題に対するメッセージが含まれているからです。

 

アメリカでは、映画公開の報道もされているようです。

OTAKU HIPSTER

Broadway World

 

はたして、アメリカ人やヨーロッパ人はどんな感想を持つのでしょうか?

 

北米で公開時のアメリカ人の感想が特集されていますのでご覧ください。

 

文化とは、やはりその精神性と芸術性の高みによって、

多くの人々に、世界に感化を与えるものであると思います。

 

日本から生まれる映画やドラマは、

ハリウッドのリメイクや大ヒット漫画の映画化という安定志向だけでなく、

もっとチャレンジングに、根底に流れる精神性や美やオリジナリティで

世界に向けて勝負できるものであってほしい。

 

映画『宇宙の法―黎明編―』を機縁として、

日本から世界に発信できる精神性やメッセージが込められた作品が、

数多く出てきてほしいと願っています。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

プロフィール

 

arion

 

某教育機関で教員をしている傍ら、真理価値に基づく新しい文化づくりを探究中。

 

音楽と映画、歴史とラーメンをこよなく愛する40代。

 

新しい日本の未来のアイデアを提案していきます。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA