光り合う生命。感想

光り合う生命。感想
Pocket

 

今日は、光り合う生命。について述べてみたい。

2019年8月30日より、映画『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』が全国で公開された。

まずは、映画予告編をご覧いただきたい。

 

本映画は、ドキュメンタリー映画である。

私は公開翌日の8月31日に初めて本映画を観た。

本予告編では、なかなか内容が分からないかもしれないが、

幸福の科学という宗教を信じて生きるシニアの方々や若者が、

どのように感じ、どのように生きているのか、

ノンフィクションでありながら、監督の視点で

登場人物の人々の心のなかにある輝きや光を映し出している。

私は、改めてこの映画を観て、

人の人生の一生のなかで

人との出会いや老いてから若者を観る眼を感じて、

みんな心で繋がっているし、

『光り合う生命。』というタイトルの意味を考えるうちに

ほんとうに一人一人の仏性の光が触れ合って

感動や希望になっている姿を垣間見た気がして

普段忘れていたものを思い出した感じがした。

きっとあなたも心が洗われる良作だ。

 

映画の監督インタビューでは、

老いと若さの対比”や

生老病死をテーマに、

仏性の輝きを描き出していると語っていた。

私があらためて付け加えたいことは、

信者以外の人々にぜひ観てほしい映画ということである。

 

幸福の科学という宗教は、

霊言が話題になったりしているが、

実際に中の人々がどのように感じ、

どのように生活しているのか、

信者も同じ人間であり同じ悩みがあり、

そのなかで信仰を持って生きるということが

どういうことなのかを感じ取れる映画であると思う。

ノンフィクションで普通にあなたの隣に生活している

信者の人々がどのように考え、感じているのか、

それを理解したい方は、ぜひ本映画をお勧めしたい。

 

最後に、映画『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』の

奥津監督インタビューを紹介したい。

 

 

本映画をきっかけに、

幸福の科学という宗教に対する

偏見がなくなり、

日本が唯物論の国家ではなく、

世界の国々と同じく、

宗教やスピリチュアルな真実が受け入れられる国に

なっていくことを心から祈念したい。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket