町おこしにクリエーターを!

町おこしにクリエーターを!
Pocket

今日は、町おこしアイデアについて探究してみたいと思います。

HSU(Happy Science University)のある千葉県長生村が、

こんな試みをしていました。

 

村の魅力物語風に 長生村がプロモ短編映画

 

なんと、長生村をPRするために、

短編映画を創ったとのこと。

村の魅力である四季折々の村の情景などを盛り込んだ、

ストーリー仕立ての30分映画だそうです。

製作者サイドの趣旨は、

移住や観光、企業誘致を狙いとして、

また住んでいる人々に魅力を再認識してもらうため

とのことでした。

まずは、予告編をご覧ください。

 

 

この短編映画はまだ観ていませんが、

確かに、映像で村の魅力を伝えるのは

切り口によっては効果があるかもしれないと感じました。

そして、

この分野はクリエーターが本気を出せば、

もっと良いものが創れるし、

学生でもそれなりに効果的な作品が創れるのではないか

と思ったのです。

 

統一地方選挙直後でもあり、

地方に関心が向いていましたが、

町おこしとして映像クリエーターを活用するのは

一つのアイデアとして効果的です。

 

町おこしで地方都市も過疎化から脱却!特色を活かし再生を果たした4つの成功例をご紹介!!

 

上記の記事のなかでは、

アニメに登場する鷲宮神社がオタクの聖地となり、

アニメ放送後3年間で約22億円の経済効果があったと

言われています。

Youtubeで誰もが簡単に映像を観られる時代に、

若手クリエーターが創る作品に地域の町おこしの要素を入れて、

協賛いただいたり、地方自治体や役所から発注いただくことも

PR次第ではあるかもしれません。

 

例えば北海道でしたら、いくらでも

美しい自然を活かした映像が取れますし、

おいしい食材や坂本龍馬ゆかりの地(北見)など、

文献はあっても動画ではないものばかりです。

この発想であれば地方企業の特産品のPRもできますし、

映像によって売り上げが上がればWinWinの関係が築けます。

 

若手映像クリエーターは、

町おこしという観点から仕事のアイデアが

生まれるかもしれないという備忘録でした。

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

宗教ランキング

アーティストランキング

Pocket