Pocket

Pocket

芸術文化の理念について

Pocket

今日は、芸術文化の理念について探究してみたいと思います。

 

2017年11月末に、大川隆法総裁より

「芸能と仏法真理」という

ご法話が説かれました。

(『仏法真理が拓く芸能新時代』第一章所収)

 

これは、幸福の科学的な

「芸能・文化事業」の基本的理念が説かれたという意味で、

2つの芸能プロダクションの経営理念にも相当する

本当に重要な御法話です。

 

これから創っていく新しい芸術文化の源流にあたる

基本的理念、経営理念として、

この考えを基にした芸術文化が

今後花開いていくのだと思うと、

いよいよ本格始動かと

ワクワクせずにはいられません。

その内容は、ぜひ読んでいただきたいのですが、

その中で探究したい重要論点を少しだけ

取り上げてみます。

 

続きを読む

Pocket

1%のインスピレーションを得る方法

Pocket

今日は、1%のインスピレーションを得る方法について

探究してみたいと思います。

 

「WIRED」の過去記事に音楽家・坂本龍一の記事が

載っていたので読んでみました。

 

坂本龍一は皆様ご存知の通り、YMOで音楽活動を続ける傍ら、

映画「戦場のメリークリスマス」の出演、映画音楽で大ヒット、

映画「ラストエンペラー」ではアカデミー賞作曲賞などを受賞した音楽家で、

現在も幅広く活躍されており、どのように曲を創っているのか興味がありました。

 

その記事のなかで印象に残ったことは、以下の部分です。

 

ぼく自身のことを考えても、「根源的に問う」ことを日常的にやっているからこそ、

新しい「音」をつくることができるのではないかと思います。

ただ、そうした新しい「音」は、突然思い浮かぶから大変なんですよ。

昔、クルマを運転しているときにメロディーが思い浮かんだときは、

本当に慌てたことを覚えています(笑)

引用:「理想の「音」は雨の音。音の自由を求め、原点へ」

 

続きを読む

Pocket

女優のオーラの秘密について

Pocket

今日は、女優のオーラの秘密について、

探究してみたいと思います。

 

さまざまな映画などを観たり、俳優・女優を直接

観る機会があったりすると、

女優・俳優の醸し出す”オーラ”に惹きつけられ、

また圧倒的な存在感に

同じ空間にいながら不思議な感覚に打たれたりします。

 

この”オーラ”とは、一体何なのでしょうか?

続きを読む

Pocket

芸術の感動の源にあるものとは

Pocket

今日は「芸術の感動の源にあるものとは」について探究してみたいと思います。
 
 
月刊誌「are you happy?」2013年10月号は芸術特集。
 
その中の大川隆法総裁ご論考のなかで、次のように書かれています。
 
 
「人に感動を与える芸術のもととなっているものは、意外にも、私は宗教だと思います。
 
(中略)美しい言葉が永遠に遺っているところがあるので、宗教というのは、
 
芸術に極めて近いところにあるものではないかと感じている次第です。」
 
「芸術というのは宗教に極めて近いもので、実は、
 
神の言葉を書き言葉以外で表現するものが芸術だというふうに、私は考えております。
 
そういう意味で、宗教性が高まれば高まるほど、
 
芸術性も高いものになっていくと思います。」
 
 
 
古来より、神の言葉は語り継がれ、人々の魂を揺さぶり、感動を与え続けてきました。
 
宗教は、神の言葉を伝えるものであり、仏陀やイエス・キリストやマホメットなど、
 
何千年も遺っているものには、その言葉のなかに、
 
人種を超えた世界中の人々の魂が救われ、感動してやまない何かがあるのです。
 
 

続きを読む

Pocket

新時代の芸術家の仕事について

Pocket

今日は、新時代の芸術家の仕事について探究してみたいと思います。
 
 

 『「一目見て心打つ」というのは大事なことなんですよ。

じっくり見れば立派に見えてくるというのもあるけれども、
 
「一目見て心を打つ」という絵は、やはり、魂の奥底から出てくるものだ。
 
この大胆さは美の確信だな。美への確信、揺るぎない自信がなければ、
 
大胆なこの画想といいますか、そうしたものが湧かんのですよ。
 
その美への確信がない人が絵を描くと、てきとうなところでごまかす。妥協する。
 
人々にそこそこよく言われそうな、よく売れそうな絵をかく。
 
しかし、美への絶対的確信がある人は大胆です。』
 
(大川隆法著「ピカソ霊示集」ゴッホの霊示より)
 
 

続きを読む

Pocket

新時代の芸術の価値基準について

Pocket

今日は、新時代の芸術の価値基準について、探究してみたいと思います。
 
 

『 これからは、もう、単なる写実の時代でもなく、単なる色彩の時代でもない。

単なるハーモニーの時代でもないであろう。これが間違いのないことであろうと私は思います。

新時代というものは、もう、「人間の心にプラスする方向性がなければ、もはや芸術としての存立基盤があり得ない」

 
という時代でもありましょう。おそらく、そういうふうになります。

絵画そのもののなかに、やはり、何らかの真理のよすが、悟りのよすががなければ、絵画として、意味のない、
 
値打ちのないものとされる時代となってくるでありましょう。

絵画というものは、本来、人に、神の世界を教え、生き方を教え、美とは何かを教える、
 
そうした教育的なる役割を数多く持っているものです。

こういう意味において、時代のリード役としての画家が活躍する時代が近づいているように思います。』
 
(大川隆法著『ピカソ霊示集』より抜粋)

 
 
Pocket

インスピレーションを受ける器について

Pocket

今日は、インスピレーションを受ける器について考えてみたいと思います。
 
 
 
『 すべて、そうなのです。詩だってそうです。詩を書く人はたくさんいます。
 
この詩も、結局は霊界にあるものなのです。
 
それを、詩人という通路を通じて、この世に送り出しているのです。
 
ただ、その通路、パイプの出来具合によって、
 
ほんとうにいい着想の詩が駄作に終わってしまうこともあります。
 
その出方はいろいろです。けれども、やはり、天上界にあるのです。』
 
(大川隆法著「ピカソ霊示集」より抜粋)
 
 
 
この世的に見れば、私たち人間は自分のアイデアや着想で
 
作品を作っているようにも思えますが、およそ偉大な芸術家や
 
小説家の発想をみれば、この世離れした発想、ストーリーや
 
ビジョンなど、ある種の”ひらめき”が必ず関わっています。
 
 
それは霊的価値観から見れば、あの世と呼ばれる天上界、霊界から
 
もたらされた理念であり、着想であり、贈り物でもあります。
 
 

続きを読む

Pocket

霊的価値観と美

Pocket

このブログ立ち上げ時の主旨は、現在ただいまのなかにある未来の種を探し、
 
”霊的価値観”に基づいた文化とは何かを探究するというものです。
 
 
そこで改めて初志貫徹を志し、
 
”霊性”と”文化”をキーワードにブログを書いていきたいと思います。
 
 
 
『神は全知全能です。神は、万能であって、万物のすべてを支配されています。
 
そうである以上、神のお心のなかには、すべてのものがある。
 
すべての性質、一切合切が入っています。
 
その子供である以上、人間の心のなかにも、神の姿のすべてが入っているのです。
 
その心のなかに、美というものを感ずる魂の面があるのです。
魂の切り口があるのです。
 
その魂の切り口が、美を司る神霊たち、精霊たちの呼吸を感じとるのです。
 
これが、「美しい」と感じることの、ほんとうの意味なのです。』
 
(大川隆法著『ピカソ霊示集』から抜粋)
 
 
私たちが美しいと感じるとき、なぜ感じるのでしょうか?
 
理性的に考えて、感じているのではないはずです。
 

続きを読む

Pocket