「希望の党」は真の希望になり得るか?

今日は、衆院解散ニュースが目白押しのため

政治の話題を書きたいと思います。

 

2017年9月27日、小池百合子氏が代表を務める

「希望の党」設立会見が行われました。

 

また同日、民進党の前原誠司代表が

無所属で出馬というニュースが流れ、

民進党は公認候補を擁立せず、

希望者は「希望の党」公認候補として

出馬を検討、それ以外は

無所属で立候補となるようです。

 

このニュースを聞いたとき、

素人目でみても

党の代表が無所属で出て、

民進党事実上の解党、

「希望の党」に合流というのは

どれだけ節操のない動きかと

感じてしまいました。

 

私は民進党の支持者ではありませんが、

党の支持者に対して顔向けできるのか

と思いますし、

希望の党に合流して

政治家として掲げた政策や、

ポリシーはどうなのか

疑問が残ります。

 

東洋経済オンラインの記事には、

次ような内容が書かれていました。

 

・小泉元首相との会談を絶好のタイミングで設定するあたりは、「メディア戦略の化け物」(自民都連幹部)といわれる小池氏の面目躍如だ。

 

・首相の解散表明会見直前に新党結党宣言をぶつけた小池氏の意図は「選挙戦を"安倍vs.小池"の構図にすることで、小池新党の大躍進を狙った」(自民幹部)との見方が支配的。

 

・25日夜以降のメディアの報道も、首相会見と小池会見がワンセットで取り上げられるなど、まさに小池氏の言う「シナジー効果」は満点だ。


・「希望を持てる国にするため日本の政治を変える」という小池氏の結党宣言とは裏腹に「政治理念や政策より小池人気にすがって議員バッジを付けたい」という議員や候補者がはせ参じている印象は拭えない。

 

引用:小池新党、「希望」と「野望」と「失望」のはざま―選挙に弱い「落ちこぼれ」の駆け込み寺か?

 

小池百合子氏は「メディア戦略の化け物」と呼ばれ、

メディアを熟知した戦略で、安倍VS小池の構図にして

人気取りの選挙戦を展開しようとしています。

 

この「希望の党」の小池人気の選挙戦に

議席獲得、議席維持をしたい議員が集結しているのなら、

やはり政策・ポリシーや国民のための政治より、

議席を取るためのポピュリズム政治に

なってしまっていると感じているのは、

私だけではないでしょう。

 

また、ケント・ギルバートはTwitterで

以下のように述べています。

 

国にとって「第一は経済」だと考えている時点で、平和ボケなのです。総理が国民に対して「第一は経済」と装わなければならないことが、日本という国の異常性を示しています。シリアを見て下さい。あらゆる国にとって第一なのは、「経済」ではなく「国防」です。

 

引用:Twitter ケント・ギルバート

 

北朝鮮の核ミサイル問題が日本の国にとって

国防の危機であり、重大問題であるにもかかわらず、

消費税10%に増税するために国民の信任を問う

というのでは、異常な国といわれても

仕方がありません。

 

やはり、この日本の危機に必要なのは、

国防を真剣に考えている政党であり、

一貫したポリシーを持つ政党であり、

清潔で、勇断できる政治をする政治家です。

 

9月25日に行われた幸福実現党の記者会見では、

釈党首が「幸福実現党の躍進こそが希望であり、

未来を照らす光として勝利していきたい」

決意を表明されました。

 

 

なかなかマスコミで報道はされませんが、

一貫して訴えている幸福実現党の政策を、

ぜひ、一人でも多くの方々に知って頂きたいと思います。

 

 

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

 

宗教ランキング

アーティストランキング

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL