calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

訪問者

ブログパーツUL5

advertisement

advertisement-2

オーラを出す秘訣について

0

    今日は、オーラを出す秘訣について、

    探究してみたいと思います。

     

     

     

    さまざまな映画などを観たり、俳優・女優を直接

    観る機会があったりすると、

    女優・俳優の醸し出す”オーラ”に惹きつけられ、

    また圧倒的な存在感に

    同じ空間にいながら不思議な感覚に打たれたりします。

     

    この”オーラ”とは、一体何なのでしょうか?

     

    オーラというものは出したり

    引っ込めたりできるものなのでしょうか。

     

    若手俳優・女優がある段階から急にオーラが変わったり、

    存在感が増してきたりすることもあり、

    この不思議な力について探究してみたくなりました。

     

    オーラについて、

    「時間よ、止まれ。女優・武井咲とその時代」には、

    次のように説かれています。

     

    「やっぱり「オーラの出し方」だと思うんです。(中略)

    オーラが強くて、周りに、画面いっぱいに広がって、

    この画面を支えているというか、あるいは、

    劇場の巨大スクリーン全体にオーラが行き渡って、

    その画面を支えているという感じが強いときは、

    視聴率、ないし動員率が高いのでないかと思うんですが、

    自分自身がそれだけのオーラが出ていない……、

    要するに、例えば役柄に自信がなかったり、

    体調が悪かったり、悩み事があったりすれば、

    オーラが弱ってくると思うんですね。」
     

    武井咲さん守護霊は、”オーラの出し方”で

    視聴率が変わる感覚がある

    と言われています。

     

    「人に夢を与えるというか、希望を与えるというか、

    野心を与えるというかね。

    そういう望みを与えることが、私のオーラ」

     

    「私は、「この地上に天上界の愛や希望を降ろす役割だ」

    と、自分では固く信じています。」

     

    武井咲さん守護霊は、

    人に夢や希望を与えることが私のオーラだと述べられ、

    「この地上に天上界の愛や希望を降ろす役割だ」と

    固く信じていると言っていました。

     

    「これは、神様の仕事の一部なんだ」ということであり、
    「神様の代役として、人々に愛や希望を、

    あるいは救いを与えるのが、スターやタレントたちの使命」

    でもあると述べられました。

     

    武井咲さん守護霊のオーラを出す秘訣は、

    神様の代役として、人々に愛や希望を、

    あるいは救いを与える役割なんだと

    固く信じてその実現を願い続けること

    なのかもしれません。

     

     

    また、

    『女優・宮沢りえの守護霊メッセージ

    神秘・美・演技の世界を語る』

    ではオーラについて次のように説かれています。

     

    ・日本的なもので見れば、原点は「巫女さん」的なものだろう

     

    ・やっぱり、美しい「舞」や美しい「音楽」、

     あるいは、美しい「役者的な表現」とかには、

     必ず、神がかったものがある

     

    ・その意味で、「神がかってこないものは、

     基本的には一流ではない」と思っていい

     

    ・それが、実は、要するに、「オーラの正体」だと思う、

     多くの観客の心を捉える正体

     

    宮沢りえさん守護霊は、

    多くの観客の心を捉える

    オーラの正体は巫女さん的神がかりである

    と述べられています。

     

    最後に、

    『女神の条件 女優・小川知子の守護霊が語る成功の秘密』

    には、次のように説かれています。

     

    ・「霊的世界の確信を得られた」ということと、

     「バイブレーション(波動)」ですよね。

     「現在進行形で、霊的なバイブレーションを

     生で感じられる」っていうことは大きかった

     

    ・生のバイブレーションは全然違う。

     それは、ほんとに全身で感じ取るもの

     

    この経典のなかで、小川知子さん守護霊は、

    大川隆法総裁の説法についてこのように表現されております。

     

    「やっぱり、声を聞いて泣く人があり、声を聞く前に、お姿を見て、すぐ泣き始める人がいるでしょう?ああいうのは、舞台俳優、女優、あるいは、演劇をやった者にとっても、最高の芸ですから。「一言も発せずして、人を泣かせる」なんていうのは、できることではありません。それは何かというと、その人から出ている「バイブレーション」「オーラ」であって、こういうもので、人はすぐに泣き始める」

     

    小川知子さん守護霊は、

    オーラとはその人から出ている「バイブレーション(波動)」

    であり、偉大な宗教家であれば、

    一言も発せずしてその霊的バイブレーションで

    人々が涙するところまでいく

    ということをおっしゃっているのだと思います。

     

    今回の探究をまとめると、

    オーラとは、

    ・巫女さん的神がかり

    ・その人から出ている「バイブレーション(波動)」

    であり、

    オーラを出す秘訣は、

    神様の代役として、人々に愛や希望を、

    あるいは救いを与える役割なんだと

    固く信じてその実現を願い続けること

    という側面があるのだと思います。

     

    まだまだ探究中ですが、

    その人の霊的バイブレーションが

    オーラに関係していると感じます。

     

     

    武井咲さん守護霊は、経典のなかで

    幸福の科学は
    「オーラを発散するという意味での

    俳優や女優を育てる」という意味では、

    むしろ、ほかの一般の事務所なんかよりも、

    あるいはプロダクションなんかよりも、

    はるかにそういうパワーを与えられるところだと思う」

    とおっしゃってくださっていますので、

    今後ますます信仰を持ち、

    魅力的なオーラを放つ俳優・女優が

    続々と出てくることを願っています。

     

     

     

    更新の励みに、ランキングに参加しています。

    よろしければ、クリック応援お願い致します!
     

     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

     

    宗教ランキング

    アーティストランキング


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック