calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

訪問者

ブログパーツUL5

advertisement

advertisement-2

新時代の文化に必要な条件とは

0
    今日は、新時代の文化の条件について考えてみたいと思います。

    『 私は「多数決の時代はもう終わった」と思います。多数決の時代は終わって、やはり、優れたる個の時代です。優れたる個性の時代です。

    優れたる個性が、おそらく時代をリードしていくであろう。私はそう感じますし、それに間違いがないと思います。優れたる個性の時代です。

    そうであるならば、時代をリードしていく人は、優れたる個性を持たねばいけません。

    優れたる個性というものは、他の者と同じであってはいけない。

    自分の突出した性格、性質、能力を、思う存分に発揮する。そして、社会的に、ある程度、認められる。評価を得て、それ以外の世界をどんどんと出していく。こういうことが大事であろうと私は思います。』
    (大川隆法著「ピカソ霊示集」より)


    現代という時代は、民主主義の時代であり、自由主義国においては、
    多数決においてリーダーが選ばれ、多数決において法案が可決され、
    物事が決まっていく時代です。

    もちろん、共産主義や社会主義国もありますが、その流れは
    ソ連の時代からのマルクス主義の文明実験が失敗したにもかかわらず、
    旧体制が未だに残っている過去の体制でしかありません。

    現代優れたる制度として採用されている民主主義、多数決の時代においても、
    前提として良識ある国民という条件があり、常に衆愚制に陥る危険性を
    もっています。

    しかも、日本においては、長らく強いリーダー不在の時期が続き、
    政治、経済、マスコミにおいても、民主主義の盲点、欠点とも言える
    良識なき多数決が現在の混迷を招いているように思えてなりません。


    上記の霊言では、
    「これからは多数決の時代は終わり、優れたる個の時代が来る」
    と説かれています。

    新時代の特徴が優れたる個の時代であるならば、
    この日本から、優れたる個性、いわば天才が多数輩出されるような
    カルチャー、文化を作らなくてはなりません。

    その時に、弊害となるものは、日本に根強く残る平等の文化です。

    日本には村八分という言葉があるとおり、周りと同じような人を好み、
    飛びぬけた成功をする人を嫉妬し、引きずり下ろす傾向があります。

    出る杭は打たれる、という言葉もありますが、チャンスの平等ではなく、
    結果の平等を実現しようとして、成功者を自分と同じ立場にまで
    引き下ろそうとする傾向があるのです。

    しかし、新時代が優れたる個の時代であり、日本がその牽引役として
    リードしていくためには、この悪しきカルチャーを変えなくてはなりません。

    経典『繁栄思考』に説かれているとおり、
    成功者が出たら、その人を引きずり下ろすのではなく、
    「成功者を祝福し、その成功者の成功法を他の人々に伝授することで、
    次々と仲間を引き上げる文化を創ること」
    こそ新時代の文化に必要な条件であると感じます。

    日本が「自由からの繁栄」を尊重し、
    優れたる個性、天才を数多く輩出できる国になることを望みます。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック